グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 就職・キャリア支援  > チバイチバン  > 内定者インタビュー  > 株式会社マイナビ〈サービス〉

株式会社マイナビ〈サービス〉

※同社ホームページより引用

【業界】サービス 【職種】総合職

今回インタビューにご協力いただいたのは国際学部こども学科のMさんです。
Mさんは大学の部活動の先輩で縁がありインタビューにご協力いただきました。

では早速インタビューの内容に入っていこうと思います。
Mさんの内定先は株式会社マイナビです。マイナビといえば私も就職活動をする上で利用している人材広告会社です。株式会社マイナビについて聞いていくと、色々と驚くことが出てきました。
そのひとつが、部署の多さです。株式会社マイナビは就職関係だけでなくウエディング関係など様々な分野にも携わっているため部署が50個以上もあると言っていました。

■“仕事に就く”を考え、自分の武器を身につける

就職活動を意識し始めた時期は2年生の冬あたりです。最初は金融業界か教育業界につきたいと考えていました。セミナーを受けていくにつれてマイナビなどの人材広告業界にも興味を持ち始めました。
就職活動に向けての準備としては、まず資格を取ることから始めました。元々パソコンは得意でしたが、仕事でも役立つものをしっかり身に着けようと考えMOSとパワーポイントを取りました。
実際、就職活動の中でプレゼンテーションをする機会があり、活用できてよかったと思っています。

■企業からの質問はPRするチャンス!

選考内容はエントリー→グループディスカッション→面接3回→最終面接 という流れです。
これが基本の形となりますが選考方法には特殊なパターンがあります。詳細は公開NGですが、どのような状況でも対応ができるよう、事前準備の重要性を実感しました。
選考に向けての対策としては自己流ですが、面接時の自己PRの伝え方を徹底的に練り上げて、質問が来たら「PRチャンス!」と捉えて簡潔に伝えられるようシミュレーションをして面接練習を行ったり、筆記試験対策としてSPIの勉強をしました。

■内定後も学ぶことはたくさん(!?)

内定後のスケジュールは1ヶ月に2回のペースで内定者セミナーに参加しています。
実は、このインタビュー前日にもセミナーがありました。内容の一部としては電話対応についてのレクチャーで、いくつかのパターンの内容を30分で覚え、テストをします。
はじめは厳しいなと感じましたが、入社後にすぐ必要になるスキルなので、今の時期に身に着けることができてよかったと思います。

■「就職活動」とは・・・大変だけど、自分が成長できるイベント

就職活動を通して得たこと・うれしかったことは、他大学の学生と交流を持ち、差を感じながらも人として成長できたこと。あと、東京にたくさん行けたことです(笑)
逆に、エントリーシートの作成はものすごくきつかったです。またアルバイトを入れすぎて休みがなかったことも自分を追い込んでしまった原因なので、就職活動中はなるべくアルバイトは入れないようにしましょう、と伝えたいです。
******************************************************************************************

~ インタビューの感想 ~
最後に在校生に向けて「準備を大切にしっかりやってください」ということと「自信を持って就職活動に挑んでください」と言っていました。本当に準備はかなり大事ということがインタビューを通じて分かったので私も準備を大切にしていきたいと感じました。インタビューにご協力いただきありがとうございました。(インタビュアー 経済学部経営学科 阪東 慶孝)