グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  敬愛大学について >  KEIAI Standard

KEIAI Standard


KEIAI STANDARD(スタンダード)とは、大学生として学ぶための基礎力や専門知識、社会で必要となる力が段階的に修得できる学習環境のことです。すべての学生が就職・社会に向けた力を確実に伸ばすことができます。

学生の力を総合的に伸ばす3つの教育

学生の力を総合的に伸ばす3つの教育


KEIAI STANDARD 01 -初年次教育-

大学で学ぶための基礎力を身につける
大学では学生が自ら受講したい科目を選び、時間割を作成します。新しい環境でも安心して学ぶことができ、大学生として基礎的な知識やスキルを身につけられるよう、1年次の学びをサポートするのが初年次教育です。

大学生活スキル



「新入生ガイダンス」や「基礎ゼミ」を通じて、大学の授業を受ける上で必要な知識やルールを身につけます。大学生活の中で具体的な目標を見つけ、それに向けて行動できるようになることを目標に、仲間と協力しながら学修を進めていきます。
新入生ガイダンス[大学生活の基本を修得] 基礎ゼミ[大学での学びの基礎を修得] 敬天愛人講座[建学の精神を学ぶ]
時間割の作成、授業の履修登録の方法など、大学で学ぶ上で必要なルールや充実した大学生活を送るために心かけるべき点を学びます。 レポートの書き方などを学ぶ少人数のクラスです。2 年次以降に始まる専門分野の基礎も学びます。担当教員が細かなサポートを行います。 敬愛大学の成り立ちや建学の精神とともに、西郷隆盛と明治維新など本学にゆかりのある事柄、人間の品性や知性について学びます。

大学生として学ぶ力



「文章表現」「口頭表現」の授業では、基礎的な国語力を身につけることでコミュニケーション能力を養います。「基礎数学」では基礎的な計算の復習から数学パズルの演習などを通じて数学的感覚を磨きます。
文章表現[論理的な文章の構成を学ぶ] 口頭表現[発表に適した話し方を学ぶ] 基礎数学[数学的な感覚を磨く]
大学生として適切に文章を構成する方法やまとめ方を学ぶだけでなく、場面に応じた言葉の選び方を身につけます。 模擬討論やアンケート調査の発表を通じて、言葉を的確に話す力、適切な態度や表情、敬語の使い方を身につけます。 基礎的な計算や数学パズルなどを通じて、数学の基礎をしっかりと復習しながら、数学的感覚を磨きます。

専門分野の基礎知識



入門科目で専門分野の基礎を学び、専門教育への準備を行います。
経済学部

入門経済学[経済学の基礎を学ぶ] 入門経営学[経営4 コースの入門編]
経済学とはどのような学問であるかを学び、対象とする社会現象とは何かを理解することを目的とした授業です。「経済学ハンドブック」を使い経済学が扱うテーマについて具体的に知ることで、 2 年次のコース選択ができるようになります。 経営学科には「企業経営」「商業・会計」「スポーツビジネス」「地域産業」の4 コースがあります。この授業では各コースの入門編を学びます。経営学への関心を深めることで、2 年次のコース選択ができるようになります。
国際学部

国際関係入門[ 国際関係を学ぶ意義] 「College English」など[英語力を培う]
国際関係について、政治学や経済学、社会学の観点から学びます。国際関係の基礎的な知識を修得するとともに、グローバル化した世界が抱える課題について理解を深め、国際学を学ぶ意義について考えます。 国際学部で学ぶ上で必要な英語の基礎力を高める授業です。「College English 」ではクラス分けを行い、習熟度に合わせた授業を行います。「聞く・読む・話す・書く」の4 技能をバランスよく伸ばすことができます。

KEIAI STANDARD 02 -社会人基礎教育-

現代社会で求められるスキルを身につける
これからの社会人に求められる基礎力を養成します。コンピュータやビジネスソフトの操作、インターネットの活用を中心とした情報活用スキルの修得、現実的な課題へのアプローチや解決方法を経験を通じて学ぶプログラムがあります。

ICT教育



メディア・ガイダンス 情報基礎・情報処理
大学内の施設を巡りながら図書館やコンピュータの利用方法を説明します。高校との学修方法の違いやレポートのまとめ方なども解説し、2 年次以降の専門教育で必要となるスキルを理解します。 文章作成ソフトや表計算ソフトを使い、大学生活や就職活動で必要となるコンピュータの活用スキルを磨きます。この授業で学んだ知識を基盤にして、就職に有利な資格取得の道も拓けます。

実践教育



敬愛プログラム 海外スクーリング
グループで関心のあるテーマを決め、資料の調査や取材を行い、最終的な報告書を作成します。必要な情報をいつ、どのように集めればよいかを実践を通じて学ぶことで、マニュアル通りにはいかない問題を解決する知恵を身につけます。 教室での講義内容を自分の目で見て確かめるため実際に外国を訪れます。希望者を対象に、長期休業中に1 週間から10 日間の海外研修を行います。海外の人々と交流し、コミュニケーション能力や積極性、行動力を培います。

KEIAI STANDARD 03 -キャリア教育-

就職への意識を高め必要な力を段階的に身につける
自分自身を見つめ直すことからスタートし、就職に必要なスキルを段階的に培えるよう「キャリア科目」を1 年次から開講しています。4 年間を通して就職に対する意識、様々な業界や職種に関する知識を高めていけるので、就職に必要な力が自然と身につきます。

キャリアプランニング(1年次) キャリアディベロップメント(2年次)
なぜ充実した大学生活が重要なのかを、大学生活と卒業後の社会生活との結びつきから考えます。卒業後の理想の人物像を作成し、主体的に課題に取り組む姿勢を身につけます。 社会情勢に合わせてキャリアを磨いていくのに必要なスキルを身につけます。視野を拡げ、自身のキャリアについて論理的に述べる表現力・コミュニケーション能力を育みます。

インターンシップ(3年次) 敬愛大学就職フェア(4年次)
企業の実務を経験しながら職業観を身につけます。実習先の企業研究に取り組み、リストアップした質問項目などをもとに取材も行います。主体的に関わる姿勢を身につけるだけでなく、質問や観察、推察する力を養います。 就職活動の解禁日に開催する企業説明会で、約60 社が参加します。本学の学生だけが参加できる大規模説明会です。企業の事業内容や採用試験の説明を受けて選考に進むことができます。(約7 割の企業に卒業生の就職実績あり)

「就職・進路」について

社会人に求められる力を身に付ける「チバイチバン」プロジェクト、敬愛大学独自の合同企業説明会など、就職に強いサポートとキャリア教育で目標企業の内定を勝ち取ります。
詳しくは、こちらをご覧ください。

副専攻

副専攻とは、所属する学部学科のカリキュラムに加えて、もう1つの専門分野を学ぶことができる制度です。「エアポートNARITA地域産業学」「日本語教員養成課程」「データサイエンス」の3つの副専攻プログラムがあります。

空港ビジネスや観光・旅行・航空業界のスペシャリストを目指す。

海外や日本国内で外国人に日本語を教える日本語教員を目指す。

ビッグデータやAI時代に活躍するデータサイエンティストを目指す。

サポート組織

「英語能力開発センター」は、英語による総合的なコミュニケーション能力の向上を目指し、英語教育プログラムの開発を行っています。「教職センター」は、「教職に関する相談」「採用選考対策」「教育実習の充実」を目的として、教員を目指す学生のサポートします。

英語能力開発センタ

教職センター