グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  MEDIA NEWS >  【教員執筆書籍】『これからの古典の伝え方 西鶴『男色大鑑』から考える』(こども教育学科 畑中千晶教授)

【教員執筆書籍】『これからの古典の伝え方 西鶴『男色大鑑』から考える』(こども教育学科 畑中千晶教授)


※許可を得て掲載しております。

教育学部 こども教育学科畑中千晶教授が、書籍『これからの古典の伝え方 西鶴『男色大鑑』から考える』を出版いたします。

畑中教授は日本近世文学、比較文学について研究されています。今回出版される書籍は、「古典を次の時代へと読み継いでいくためにはどうすればいいのか」を大きなテーマとしています。
これからの時代を生きる人々に親しみを持って古典を読み解いてもらえるよう、『男色大鑑』や江戸の文学作品を題材として、古典の伝え方をひもといています。

詳細はこちら(図書出版 文学通信)をご覧ください。
※4月上旬の刊行予定です。