グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  TOPICS >  副専攻「AI・データサイエンス」が文部科学省の「応用基礎レベル」に認定(千葉県内の大学で唯一)

副専攻「AI・データサイエンス」が文部科学省の「応用基礎レベル」に認定(千葉県内の大学で唯一)


リテラシーレベルの認定有効期限:令和8年3月31日まで / 応用基礎レベルの認定有効期限:令和9年3月31日まで

敬愛大学の副専攻「AI・データサイエンス」が、文部科学省が推進する数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度「応用基礎レベル」に認定されました。この副専攻は令和3年度6月に「リテラシーレベル」の認定を受けており、「応用基礎レベル」と併せて2つの認定を受けた千葉県内初の大学となります。

数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度とは

「数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム」に準拠した科目により構成されています。現在、我が国で数理・データサイエンス・AI教育のスタンダードとして普及が進められている学修内容を修めることができます。現在、約200名の在学生がこの副専攻で学んでいます。

リテラシーレベル(令和3年度認定)
AIやデータサイエンスを活用する「楽しさ」や「学ぶことの意義」を理解します。データの重要性や活用の倫理を学びます。日常の生活や仕事で使いこなすことができる基礎的素養を身につけます。

応用基礎レベル(令和4年度認定中)
データから意味を抽出し、現場にフィードバックする能力、AIやデータサイエンスの知識・スキルを活用し課題解決につなげる基礎的能力を身につけます。所属する学部学科の専門性との関連を学びます。

副専攻「AI・データサイエンス」の特色

① 全学部( 経済学部、国際学部、教育学部) を対象に開講
② 初学者向けオリジナル動画教材「AI・DS へのいざない」の開発
③ 大手IT 企業との提携によるディープラーニングの活用事例の学習
④ 大手総合情報サービス企業との協力によるデータ・情報活用事例の学習
⑤ 企業の実データ・実課題に取り組む課題解決型授業(PBL)
⑥ 千葉県で活躍するAI・データサイエンス人材の育成・就職サポート など