グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経済学部 >  教員紹介 >  経済学部経営学科 >  佐竹 恒彦 准教授

佐竹 恒彦 准教授


担当科目

産業論(旧産業論I)
企業と産業組織
基礎演習I・II(A)(B)
外国書購読 I・Ⅱ
専門導入演習I・Ⅱ
地域事業創造論(旧グローバル産業論)
ビジネスエコノミクス

専攻分野

地域事業創造、中小企業再生、リーダーシップ開発、経営理念創成、起業

主要著作

  • 『再生型リーダーシップ論 ―経営不振の中小企業に有効な経営理念創成のプロセスモデル―』同文舘出版、2018年3月
  • Planning, Strategy, and Corporate Mission Statement Deliberation Processes for Small- and Medium-Sized Enterprises Undergoing Revival: Managerial Leadership Development within the Sanoh Corporation, ARIMASS研究年報, (16) 1-22, 2018年10月
  • Managerial Leadership Development in the Revival of Small- and Medium-sized Enterprises: Focusing on the Creation of a Corporate Mission Statement at Ashizawa Finetech Ltd., SHOBI JOURNAL OF POLICY STUDIES, (25) 99-117, 2017年12月
  • 「中小企業再生の戦略・経営理念検討プロセス―ヤマグチ社の事例と経営者のリーダーシップ開発の観点から―」、経営行動研究年報、 (26) 44-48 2017年8月
  • 「企業再生時の戦略検討・経営理念検討プロセス―WOWOW社の事例と経営者のリーダーシップ開発の観点から―」、千葉商大論叢、54(1) 245-264、2016年9月
  • 「中小企業の再生と経営者のリーダーシップ―利益計画策定後の経営理念形成とWOWOW社の事例―」、CUC Policy Studies Review、(42) 105-132、2016年6月
  • 「中小企業の再生と経営者のリーダーシップ―利益計画策定後の経営理念形成とヤマグチ社の事例―」、CUC Policy Studies Review、(41) 3-26、2016年3月
  • 「経営不振の中小企業における経営理念形成に関する研究―先行研究からの考察とその問題点―」、CUC Policy Studies Review、(38) 31-49、2015年5月
  • 「中小企業における新事業展開と社長のリーダーシップ―東証マザーズ上場企業の成長力と社長のリーダーシップ研究を参考に―」、中小企業支援研究、1、44-51、2014年3月

最終学歴

  • 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学専攻専門職学位課程修了/経営管理学修士(専門職)
  • 千葉商科大学大学院政策研究科政策専攻博士課程修了/博士(政策研究)

主な現職(本学部関係を除く)

  • 経済産業省中小企業庁 戦略的基盤技術高度化支援事業評価委員
  • 千葉商科大学経済研究所中小企業研究・支援機構 客員研究員
  • 経済産業省中小企業庁 商業・サービス競争力強化連携支援事業評価委員

これまでの主な経歴

  • マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構経営支援アドバイザー
  • 経済産業省関東経済産業局中小企業支援ネットワークアドバイザー
  • 千葉商科大学非常勤講師
  • 尚美学園大学非常勤講師
  • 公益社団法人経済同友会 企業経営委員会委員他
  • 早稲田大学エクステンションセンター講師
  • 千葉商科大学大学院客員教授(中小企業診断士養成コース担当)
  • 千葉商科大学経済研究所中小企業研究・支援機構 運営委員
  • 環太平洋大学准教授

所属学会

経営行動研究学会
危機管理システム研究学会
日本マネジメント学会
日本中小企業学会

趣味

映画鑑賞、野球、ドライブ

学生へのメッセージ

経営学の学問領域は比較的新しく、新たな理論を開発する余地が大きいとされています。本学では、既成概念に縛られない斬新な発想や問題意識を自由に人前で披露し、議論を積み重ねる機会が提供されています。価値ある新しい知見を一緒に探求していきましょう!