グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経済学部 >  教員紹介 >  経済学部経済学科 >  矢口 和宏 教授

矢口 和宏 教授


担当科目

基礎演習I・II
専門導入演習I・II
経済理論I・II
ミクロ経済学I・II
公共経済学
公共選択論

専攻分野

経済政策論(特に、都市・地域政策)、公共選択論

主要著作

  • 『ECOシティ』(共編著)中央経済社、2010年
  • 『コミュニティの再生』(共編著)中央経済社、2016年
  • 『経済学概論』(共編著)みらい、2016年

最終学歴

慶應義塾大学経済学研究科博士課程単位取得退学 修士(経済学)

主な現職(本学部関係を除く)

政策研究フォーラム 評議員
(公財)日本都市センター「分権型社会を支える地域経済財政システム研究会」委員

これまでの主な経歴

ライフデザイン研究所(現 第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部)研究員
東北文化学園大学総合政策学部(専任講師、助教授、准教授、教授)
政策研究フォーラム「経済復興政策研究委員会」委員

所属学会

日本経済政策学会
公共選択学会(理事)
日本公共政策学会
日本計画行政学会

学生へのメッセージ

大学の4年間は学問のみならず様々なことを学び体験し、自分が生きていくうえでの栄養を吸収する時期です。ただ、何ごとにも消極的でくダラダラと過ごした大学生活をおくると後で後悔します。