グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際学部  > 国際学科  > 国際学科の特色

国際学科の特色

3つの専攻とフィールド化された科目群

将来の進路や関心に応じて選べる3専攻

21世紀のグローバル社会にふさわしい知識とスキルを身につけるための「英米語」「日本・国際理解」「国際ビジネス」の3専攻があります。2年次までに、将来の進路や関心に応じて3つの専攻から1つを選択します。

学びやすくフィールド化された科目群

それぞれの専攻では、テーマや内容によって学びやすくフィールド化(グループ化)された専門科目を1年次から【導入科目】→【基本科目】→【発展科目】の3段階で学習します。フィールド化された科目を関心のある分野に応じて体系的に学ぶことができます。また、基礎から発展までの段階的な学習により、着実に知識やスキルを身につけることができます。

幅広い業界に対応した就職先

学際性豊かな国際学科の学びは、幅広い業界への就職に対応しています。専攻における専門分野の学習に加えて、ゼミでの就職指導、キャリア教育、資格取得支援を活用することで、目標進路の実現に近づきます。
目指せる主な進路
空港関連企業、観光、旅行、ホテル、金融、保険、商社、流通、ICT企業、海外展開企業、中学校・高等学校教諭(英語)、日本語教員、公務員、大学院進学など

業界内容
空港関連企業成田国際空港は、日本の空の玄関口として年間約3,900万人の利用者を数えます(2016年)。事業社数は約700社、従業員数は約40,000人であり(いずれも2014年)、日本の旅客、物流の一大中心地です。航空機の運航を支える仕事や物流業界などへの就職が開けています。
観光・旅行・ホテル訪日外客数の増加に伴い、空港を取り巻く観光、旅行、ホテルの各事業も活性化しています。世界の多様性を知り、日本の文化や歴史に深い知識と関心を持つ「おもてなし」のできる人材が求められています。
商社・流通幅広い商品を扱う総合商社と特定の商品に特化した専門商社に分かれます。流通では、食品、衣料などの商品を扱う企業があります。いずれも日本や外国の資源や技術、情報、金融などに知識と関心を持つ人材が求められています。
ICT
(情報通信)
通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、および映像・音声・文字情報制作業の5業種にわたります。ICTに関する素養を持ち、取引先企業の専門性に対応できる幅広い教養を身につけた人材が求められています。
英語教員
(中学校・高等学校)
グローバル化の進展により、教育現場での英語の重要性がますます高まっています。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を活用し、実際のコミュニケーションを行うことのできる英語教育者が求められています。
日本語教員近年の外国人の日本語学習者の増加に伴い、日本語を1つの外国語として教えることのできる人材が求められています。日本国内や海外で日本語教員として活躍している先輩もいます。

英語教員(中・高)の採用試験対策

中学校・高等学校の英語教員を目指す学生のための教職課程を用意しています。学校で豊富な指導経験を有する教員が、教員採用試験の合格に向けた5つの対策で全力サポートします。
教員採用試験合格に向けた5つの対策指導
項目内容
教職教養対策教員採用の1次試験で課される教職教養の問題対策を行います。教職教養とは、教育法規や教育史、学習指導要領などの教員として身につけなければならない知識のことです。長期休暇中に70コマ(約100時間)の対策講座を受講し、1次試験を突破できる実力を身につけます。(1~3年生対象)
専門教科(英語)対策1次試験で課される専門教科の筆記試験の対策を行う「英語教育研究会」で、経験豊富な教員による少人数指導が受けられます。学習指導要領(外国語)の理解、英語の文法・読解、英語科指導法の論述の3項目について、練習問題を解きながら知識を確かなものにしていきます。(1~3年生対象)
面接・討議試験対策1次試験の集団面接・討議と2次試験の個人面接の対策を行います。実際の試験では、教育委員会が求める教員像や評価項目をよく理解し、面接に臨まなければなりません。そのため、5月~7月に集団面接・討議対策、8月に個人面接対策を行い、万全の準備で挑みます。(4年生対象)
模擬授業対策2次試験で課される模擬授業では、外国語指導助手(ALT)との連携を想定したチーム・ティーチングを行う力が評価されます。神崎町教育委員会の協力により、教室でのチーム・ティーチングを経験することができます。ALTと協力して授業を行う感覚を磨きます。(3年生対象)
授業力アップ中学校・高等学校で優れた授業実践を行っている現役の教員から、授業力アップのための具体的なヒントを聞くことができるセミナーを開催しています。“達人”教員の生の声は、教員を目指す学生の道しるべになります。(1~4年生対象)

就職に役立つ資格取得をサポート

英語の資格に加えて、現代のビジネス・パーソンに必須となるコンピュータやビジネス・ソフトのスキルを認定するICT資格やマーケティングや教育の分野で有効な社会調査の資格取得をサポートしています。外国人に日本語を教える日本語教員の資格も取得できます。資格による強みを持つことは、就職活動に有利となるだけでなく、将来の仕事の幅を広げます。

TOEIC・英検

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を評価するテストで、スコアによって英語力を認定します。企業等の採用選考では「TOEICスコア◯◯点以上、英検◯級以上」などの条件が課される場合もあります。「TOEIC向上講座」などの対策授業が充実しており、就職に向けた英語力アップに最適です。

Microsoft Office Specialist(MOS)・ITパスポート

MOS資格は、ビジネスに不可欠なパソコンスキルを認定するマイクロソフト社の資格で、Word、Excel、PowerPoint、Accessがあります。ITパスポートは国家資格でIT技術だけでなく、経営全般やIT管理の3分野についての知識を認定します。敬愛大学では、資格取得のための対策講座を開いています。

社会調査士

これからの社会では、科学的で信頼できる調査を実施できる人材が必要です。社会調査士は、企業や官公庁、学校などで実施される様々な調査の企画、データの収集・分析、報告書の作成という社会調査の全課程を大学で習得したことを認定する資格です。(社)社会調査協会指定の6科目を国際学部で履修すれば取得できます。

日本語教員

外国人に日本語を教えるには、日本語を1つの外国語として見る力が必要です。多様な言語や文化を持つ外国人学習者に、日本語を教えるのに必要な方法を「日本語教員養成講座」で身につけます。所定の単位を取得すると修了証が得られます。この講座を足掛かりに、実際に日本国内や海外で日本語教員として活躍している先輩がいます。
目指せるその他の免許・資格
中学校教諭一種免許(英語)、高等学校教諭一種免許(英語)、秘書検定/国際秘書検定