グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際学部  > こども教育学科

こども教育学科

英語力と国際感覚に優れた小学校教員を養成。高い小学校教員採用実績

小学校教員採用試験の合格のための教育プログラムが充実しています。徹底した採用試験対策により、毎年、小学校教員採用試験で高い実績をあげています。国際学部に設置されている強みを生かし、「英語指導に強く、国際感覚に優れた小学校教員」を育てます。


小学校教員採用試験合格のためのプログラムが充実

①教員に必要な資質能力が高まるプログラム②教科指導の実力がつく科目とゼミ③採用試験合格を目指す対策。これら3つの要素が一体となった教育により、小学校教員採用試験の合格を勝ち取ります。

取得可能な教員免許
小学校教諭一種免許
中学校教諭一種免許(英語・社会)
高等学校教諭一種免許(英語・地歴・公民)
※こども教育学科では、国際学科の必要単位を取得することにより、中学校(英語、社会)、高等学校(英語、地理歴史、公民)の教員一種免許の取得が可能です。
小学校教員採用試験の大学推薦枠
各自治体の大学推薦枠を毎年、20名(2018年度は千葉県・千葉市8名、東京都・神奈川県・埼玉県各1名など)確保しています。推薦された学生は、1次試験の筆記が免除されるなどの優遇措置(自治体によって異なります)を受けられます。
千葉県・千葉市英語教育推進枠の活用
国際学科の中学校・高等学校の英語教職課程を履修し、教員免許を取得(または取得見込)の場合、千葉県・千葉市教育委員会が推進する「英語教育推進枠」への出願が可能です。この制度は、小学校の英語教育を担える人材の募集を行うもので、80名程度の応募枠があり、国際学部およびこども教育学科の英語教育で高めた英語力を生かすことができます。

小学校教員採用実績

現役教職就職率は、93.0%と高い数字になりました(2018年3月卒業の小学校教員志望者43名のうち40名が現役採用)。経験豊富な教員による徹底指導をはじめ、小学校教員採用試験に向けた万全の体制を敷いています。
小学校教員正規採用者46名 (既卒者、期限付採用を含む)
※「期限付採用」とは小学校等で期限を限って任用される教員で、正規採用者と同等の職責を担い、授業を行うだけでなく学級担任や校務分掌も担当します。

小学校教員に必要な資質能力を伸ばすプログラムが充実しています。様々な体験を通して、目標とする教員像に近づきます。


国際学部にある強みを生かした英語指導力を高める科目や国際理解を深める科目が特色です。ゼミの活動を通して専門性を深めます。


小学校教員採用試験の現役合格のための対策指導を徹底しています。4年間を通じた対策により採用試験突破の実力を養成します。


こども教育学科に関するよくある質問とその回答をまとめました。こども教育学科の受験を考えている方は参考にしてください。