グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  TOPICS >  本学職員が本学系列校・教育連携校で講演

本学職員が本学系列校・教育連携校で講演


敬愛大学は、建学の精神「敬天愛人」に基づき、高校等に教職員を派遣し、高校生の多彩な学びや探究活動を応援しています。今般のウクライナ侵攻に伴い一家で日本に避難し、母校で勤務するパンコーヴァ・オルガさん(地域連携センター職員)は、自ら経験した危機や世界平和への思いを、本学系列高校及び本学と教育連携協定を結ぶ高校でお伝えしています。このページでは、各高校での講演活動の記録を紹介しています。

※報道等をご覧になった多くの皆様からお問い合わせを頂戴しておりますが、オルガさんの講師派遣は、勤務の都合上、本学系列高校及び本学と教育連携協定を結ぶ高校に限らせていただいております。

千葉県立安房高等学校での講演

2022年5月24日、千葉県立安房高等学校(千葉県館山市、石井浩己校長)で、「現実に学ぶ平和学習」の演題で講演を行いました。同校は本学が最も早く教育連携協定を締結した高校の一つで、これまでも「教員基礎コース」の授業に本学教員が伺うなど、継続的な関係があります。
当日は全校生徒720名及び教職員の皆様の前で、ウクライナの地勢や文化に触れた後、自らの日本への避難についてお話ししました。
会場では多くの生徒さんがオルガさんへの質問に手を挙げてくださいました。また講演後にお会いした生徒会役員の皆さんからは、6月の文化祭で自分たちにできることがないかを考えると力強い言葉をいただきました。

横芝敬愛高等学校での講演

2022年6月13日、横芝敬愛高等学校(千葉県横芝光町、白鳥秀幸校長)で、「戦火の続くウクライナ情勢や日本へ逃れてきた体験について」の演題で講演を行いました。同校は本学の系列校の一つで、毎年多くの卒業生が本学にも進学しています。
当日は1年生89名及び教職員の皆様の前で、ウクライナの文化等に触れた後、自身の日本への避難経験についてお話ししました。会場からは多くの質問も寄せられました。同校では講演に先立ち事前学習を行っており、今後も一過性のものにならないような取り組みに続けたいとの言葉をいただきました。

(地域連携センター)