グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 研究・取り組み  > 英語教育開発センター

英語教育開発センター

英語教育開発センター概要

英語による総合的なコミュニケーション能力の向上を目指す
本センターでは、学生が英語に対する学習意欲を高め、モチベーションを維持しながら主体的に学習を継続・発展させていくことができるよう教育および支援を行うことを目的としています。グローバル社会で求められるコミュニケーション能力を高めるための英語教育プログラムを充実させ、高度な英語力を身につけた人材の育成を目指します。

英語教育開発センターの取り組み・活動

「AEON eラーニング」導入

・全学共通の英語カリキュラムの整備 
・英語学習機会、環境の整備
   e-learningシステムの導入、推進
   (授業外でも常に英語に触れることが可能な環境づくり)
・英語学習成果の可視化
   TOEIC®などのスコア、教育成果の分析
・英語授業力向上のための教員研修
   授業内容の検証、指導力向上のための研究
・英語の外部・資格検定試験に係る支援
   英語の外部・資格検定試験等の資格取得の推進
   TOEIC®等の本学における受験機会の拡大
・英語教育における小・中・高・大の連携
   「英語教師授業力ブラッシュアップセミナー」などの企画立案

英語教師授業力ブラッシュアップセミナー

スカイプ英会話ブース

英語教育開発センターが目指していくこと 

向後 秀明(国際学部 国際学科 教授) 

グローバル社会は、 “diversity”(多様性)の社会でもあります。それぞれ異なるバックグラウンドや価値観を持った人たちが、globeという1つの球の中で暮らしています。そこでは、互いに敬意を表し、受容し合うとともに、違いを乗り越えて新たな高みを目指していくことが大切です。その過程で求められるのが、言語によるコミュニケーションです。
英語教育開発センターでは、学生の皆さんが、地球規模で広く用いられている言語である英語によるコミュニケーション能力を高めていくための支援をします。日本では、英語を聞くこと、読むこと、話すこと、書くこと全てにおいて課題が大きいことが指摘されていますが、他国にできて日本だけできないということはありません。考えるべきは、何を、どのような方法で、どれくらい学習できるようにするかであり、このような点で皆さんをバックアップしていきたいと思います。また、当センターでは、文部科学省が告示した次期学習指導要領の改訂を踏まえ、初等中等教育を含めた抜本的な英語教育改革に対応していくことができるように、英語教育に携わっている先生方が研修し、互いに学び合う場を提供していきたいと考えております。
今、英語はその習得自体がゴールになるものではなく、「英語を用いて何ができるか」が問われています。つまり、英語ができればその先の可能性は広がります。英語教育開発センターでは、英語を通して未来を大きく切り拓いていくサポートとしての英語教育を追求していきます。

“Broaden your horizons with English!”

英語教育開発センター長 向後 秀明