グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際交流  > 長期・短期留学  > 奨学金制度

奨学金制度

敬愛大学海外留学奨学金規程

(目的)
第1条 この規程は、敬愛大学留学生派遣に関する規程第6条の規定に基づき、学生の一年間の長期海外留学に対して、経済的援助を与えることで奨励、活発化し、世界の国際化に対応できる能力を身につけ、社会に貢献できる人材を養成することを目的とする。

(名称)
第2条 この奨学金は、敬愛大学海外留学奨学金と称する。

(奨学生の選考基準)
第3条 奨学金の選考基準は、建学の精神「敬天愛人」を具現可能な学生で、かつ長期海外留学に意欲のある者で、次のことに該当するものとする。
(1)成績が優秀な者
(2)留学先が英語圏の場合、TOEFL500点以上、もしくはそれと同等の英語力をもつ者
(3)留学先が中国(台湾を含む)の場合、中国語検定3級以上、もしくはそれと同等の中国語力をもつ者
(4)留学先がその他の国で、その国の上記と同等の語学力を有すると認められる者

(申請および決定)
第4条 学生から申請があった場合、教務部長は選考委員会の議を経て奨学生候補者を選考し、学長の承認を得なければならない。
2 選考委員会については、敬愛大学留学生派遣に関する規程第4条2項及び第3項の規定を準用する。

(奨学金の配分および交付額)
第5条 奨学金の配分、および交付額は次のとおりとする。
(1)各学部 100万円以内
(2)この奨学金は、返還を要しないものとする。
2 奨学金の交付及び第6条に定める適用除外の細則については別に定める。

(適用除外)
第6条 奨学生が次の各号の一に該当した場合は、事故発生時に奨学生の身分を失うものとする。
(1)留学を取りやめた場合
(2)本規程の趣旨に反した場合

(会計処理)
第7条 奨学金に関する事務は、修学支援室が担当する。

附則
この規程は、平成22年4月入学生から適用する。