グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際交流  > 留学体験記  > 日本とアメリカで学んだこと 畢滔滔(Taotao Bi)

日本とアメリカで学んだこと 畢滔滔(Taotao Bi)

私は日本とアメリカの二つの国に留学しました。しかし実は、大学卒業まで留学することなどまったく考えませんでした。中国の北京で生まれ育った私は市の隅々まで知り尽くしており、そこでの生活を楽しんでいました。しかし、大学を卒業した後、留学が若者の成長にきわめて重要だと信じていた私の父は、私を日本へ送り出しました。おかげで、私は日本のみならずアメリカでも留学する機会に恵まれて、多くのことを学びました。このエッセイでは、外国語の学び方と挨拶の仕方の2つに絞って、私が留学から学んだことを皆さんにお話ししたいと思います。
ほとんどの人は留学すると葉の壁にぶつかります。私も例外ではありませんでした。ただし、文化が異なる二つの国に留学した私は、外国語の勉強についてそれぞれの国から異なることを学びました。
一つ目の留学先である日本では、外国語は一所懸命勉強しなければ身につかない、ということを学びました。留学した二年目には大学院に入学できたものの、当時の私は日本語をあまり話せず、授業中、先生の質問に答えられなかったため、日本人学生にたくさん迷惑をかけました。ある日の授業後のことです。授業でテキストの内容を日本語で説明できなかった私は、ある先輩に「努力できないならやめれば」と言われました。私はひどく落ち込みましたが、授業準備のやり方を改めて、日本語でテキストの概要をあらかじめ書くようになりました。こうして授業に積極的に参加できるようになり、結果として日本人学生との関係も大きく改善しました。実際、私に注意したその先輩も、その後、親友になりました。こうした経験から学んだ私は、今でも学会報告や講演の際に必ず報告内容をすべて事前に書いて覚えるようにしています。こうすることで報告する際に自信をもって話すことができるだけではなく、準備の効率も上がりました。
一方、アメリカで学んだことは、流ちょうでなくとも自信を持って話す、ということです。英語が不得意にもかかわらず恥ずかしがらずに自分の意見をどうどうと話す人たちに多く出会いました。留学先の研究所では、英語が流ちょうではないのに自分の研究を、丁寧に自信をもって報告する客員研究員がたくさんいました。私は彼らの研究の素晴らしさに感心したと同時に、言葉は道具に過ぎず目的ではない、ということをしみじみ感じました。研究者だけではなく、外国出身のスーパーの従業員や、テレホンオペレータたちも一所懸命英語をしゃべって仕事をこなしていました。彼らのその姿を見て、私はそのたくましさと陽気さに胸が打たれました。発音がおかしいとか、表現の仕方がネイティブと少し違うとか、それは重要なことではありません。重要なのは、自分のアイディアを言葉で他人に伝える努力です。
外国語の壁を乗り越える上で、実は大事なのは笑顔に満ちた挨拶です。私は、もともとあまり笑わない人でした。ですから日本に来たときには街の人々の表情にあまり違和感を覚えませんでした。しかし、アメリカのバークレーでは笑顔で挨拶することの大切さに気づきました。バークレーでは大学のキャンパスだけではなく街で歩いても、知らない人と目を合わせると、必ずにっこりして「ハイ」(Hi!)と挨拶してくれました。このようなフレンドリーな挨拶は、アメリカでの生活を始めたばかりの私に「アメリカにようこそ!」と語りかけているかのようなカリフォルニアの人々の暖かさを感じさせてくれました。それだけではありません。その後の生活で私は、にっこりして挨拶することが人間関係の潤滑剤となることを学びました。
ある日レンタカーを借りに行ったときのことです。私は店に入ってまず先に従業員ににっこりして「ハイ、おはよう」と挨拶しました。そして彼女はとてもうれしそうに「ハイ、おはよう」と応えました。私は小型車を借りたかったのですが、あいにくすでに借りられていました。ちょっと残念な顔をして店を出ようとした私を見て、彼女は言ったのです。「SUV 車でもよかったらレンター料をディスカウントしても良いよ。それか、近くの別の店にまだ小型車があるようだから、ここから車で送ってあげても良いよ」と親切に声をかけてくれたのです。最初の挨拶がどこまで効果があったかは分かりませんが、もし暗い顔をして黙って店に入ったら、多分「小型車はもうないですよ。申し訳ないけど」(We don’t have small cars. I can’t help you.)しか言われなかったでしょう。
外国語や挨拶の仕方を学ぶためには、言葉だけではなく、その国の歴史や文化などを知ることが不可欠です。これらを深く学ぶには、留学はとても良い方法です。もちろん海外での生活で不愉快なことにも多く会うかもしれません。しかしその国の良いところを発見して吸収すれば、留学は必ず自分の人生を豊かに、また幸せにする経験になると思います。実際、短いアメリカ留学を終えた私は、長い日本留学を終了した時と同じように、留学先の国をより深く知り、また、その国を愛するようになりました。