グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経営学科News >  経営者へのヒアリング:株式会社まさむね編

経営者へのヒアリング:株式会社まさむね編


経営学科の粟屋ゼミの2年生による千葉県の活躍企業への社長ヒアリング第三弾。今回は、千葉市中央区に本社を置く株式会社まさむねです。「地産地消」をモットーに千葉県ならではの食材を生かした飲食店経営を続けている企業です。「季節料理 まさむね」「らーめん 鷹の羽」の2店舗を展開し、両店舗はイスラム教徒向けに「ポークフリー」「アルコールフリー」などのメニューも用意し「ムスリムフレンドリーマップ」にも掲載されています。

訪問したゼミ生3名は事前に質問事項をまとめ、各自分担を行ったうえで塩川達也社長にヒアリングを行いました。今年50周年を迎える「季節料理 まさむね」の沿革や社名の由来、同社の考えるCSRについてなどです。塩川社長は常に前向きさを忘れず、苦境にも打ち勝つポジティブな考えをお持ちの方で、地域とのつながりを非常に大事にされていました。ゼミ生の中には起業を考えている学生もおり、大変参考になったのではないでしょうか。

詳細は、後日千葉市のホームページに掲載されます。ご協力いただいた株式会社まさむねの塩川社長、千葉市経済農政局経済部経済企画課様に感謝申し上げます。

※本活動は、千葉市と敬愛大学との地域経済活性化に関する包括的な連携協定に基づき、千葉市の平成30年度戦略的CSR支援事業として行っています。

メモを取りながらインタビューするゼミ生たち

塩川社長(後列左)とゼミ生