グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  国際学科News >  成田国際空港で現地学習(春休み特別学習)

成田国際空港で現地学習(春休み特別学習)


国際学科の活動を紹介します。今回も稲毛キャンパスを飛び出し、学生が成田国際空港を視察しました。

NAA(成田国際空港㈱)からご協力をいただき、
・第3ターミナル(LCC専用)の視察
・成田空港の現状について学習
・ランプコントロールタワー見学
・貨物ターミナル地区と整備地区の視察
・「空と大地の歴史館」で空港問題を学習

の順でじっくり研修しました。

広大な成田国際空港を背景に

■ 参加学生の感想(1年生)
授業で学んだことを自分の目で確認でき、空港運営の知識が増えました。ランプコントロールタワーから空港全体を見下ろしたり、普段立ち入りのできない施設を見学でき、素晴らしい体験をさせていただき感動しました。「空と大地の歴史館」では、今まで知ることのなかった空港の歴史について学ぶことができました。JALスカイミュージアム見学にも参加し、これらの体験は、全て自分の将来に繋がったと感じます。