グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  国際学科News >  英語観光通訳ガイドの実地研修を実施

英語観光通訳ガイドの実地研修を実施


国際学科 大月ゼミ(2年次専門研究)では、外国人観光客を英語で案内できるようになることを目指して学習しています。1月17日(木)に、「観光通訳英語」受講生からの希望者を加えて、9名の学生が東京都内で実地研修を行いました。

訪れたのは、江東区にある「富岡八幡宮」(神社)、「深川不動尊」(仏閣)、「清澄庭園」(日本庭園)、「深川江戸資料館」(歴史資料館)の4カ所で、いずれも外国人には人気の観光名所です。『プロ通訳案内士が教える はじめてのボランティア英語ガイド』(江口裕之・根岸正著)を参考に、それぞれの担当を決めて英語通訳ガイドに挑戦しました。

学生たちは、初めて経験する英語でのガイドに相当苦労していましたが、なかなか楽しかった様子です。「もっと準備をして臨めばよかった」と反省しつつも、「日本の歴史や文化についてとてもよい勉強になった。これからもっと学んでいきたい」といった、今後に期待できそうな感想が目立ちました。

富岡八幡宮1 伊能忠敬像の前で

富岡八幡宮2 伝統的な長さの単位を体感

深川不動尊1 不動明王について説明

深川不動尊2 深川龍神で願い事

清澄庭園1 庭園を眺めながら昼食

清澄庭園2 清澄庭園の由来をガイド

深川江戸資料館1 端切れを売る街の物売り

深川江戸資料館2 一日お疲れさまでした