グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  経済学科News >  「輝ける!インターゼミナール大会」を実施

「輝ける!インターゼミナール大会」を実施


2018年12月8日に敬愛大学で「輝ける!インターゼミナール大会」を実施しました。インターゼミナールとは、異なる大学のゼミが一同に介して、あるテーマについて徹底的に議論し、ゼミ間の交流を深めることを目的としたものです。本学からは経済学科の矢口ゼミと米田ゼミが参加しました。今回のテーマは「真の地方創生に必要な政策とは何か?」です。

日本の人口動態を説明する学生

2014年に日本創成会議が、2040年までに896の自治体が消滅の可能性があるという報告書を公表しました。これを受け安倍政権では「地方に仕事をつくり、安心して働けるようにする」、「地方への新しいひとの流れをつくる」、「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」といった基本目標を掲げ、諸施策を展開しています。

しかしながら地方創生交付金や戦略特区といった従来の延長上の施策を展開するにとどまっており、真に有効的な政策が展開できているとはまだ言い難い状況です。そこで短期的に実現可能な施策にとらわれることなく、大局的な視点と柔軟な考え方を共存させた“真の地方創生”の問題に対して、9大学16チーム、総勢90名ほどが発表し、活発な議論を行いました。

東北や関東、近畿、中国などの各地域の大学が集い、1つのテーマを様々な視点で議論することで、多様な価値観や考え方を知ることができました。


報告:米田(経済学科 講師)、編集:IR・広報室

約90名の学生が参加!

全国から集まった学生たち