グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学生生活に関すること >  奨学制度

奨学制度



学生およびご父母(保証人)の皆様の経済的負担を軽減するために、敬愛大学ではきめ細かな奨学金・経済支援制度を設けております。

敬愛大学独自の奨学制度

長戸路記念奨学金

本年度の長戸路記念奨学金募集の詳細についてはKCN(Keiai Campus Navigater)にて案内しております。

本学園創立者、長戸路政司先生の功績を記念して設けられた、給付奨学金(返還不要)です。本学に学ぶ学生に経済的援助を行い、社会に貢献する人材を育成する一助とすることを目的としています。

・申 込  毎年10月に募集要項公表
・給付金額 1名20万円以内
・選考基準 建学の精神「敬天愛人」を具現可能な学生の中から、提出書類および成績等を踏まえ総合的に選考する。

経済的理由により修学困難な学生に対する経済援助制度

本年度の「経済的理由により修学困難な学生に対する経済援助制度」は「長戸路記念奨学金」と併合して実施いたします。
詳細についてはKCN(Keiai Campus Navigater)にて案内しております。

経済的に修学困難な学生に対して授業料(半額または一部)および入学金の一部を、家庭の事情を踏まえて成績等による選考の上で免除(1年間)しています。

1号 生活保護法(昭和25年法律第144号)第6条第1項、2項に規定する被保護者
2号 所得税法(昭和40年法律第33号)の規定により所得税を納入しないこととなる者
3号 地方税法(昭和25年法律第226号)の規定により区市町村民税を納入していない者
または区市町村民税の均等割りのみ納入している者
4号 国民年金法(昭和34年法律第141号)の規定により国民年金の納付を免除されている者
5号 直近(1年以内)の災害により保護者の住所等が滅失またはき損し、授業料の納入及び学生生活が困難になった者
6号 在学中または入学直前に学費負担者の死亡、傷病等により、授業料の納入及び学生生活が困難になった者
7号 在学中または入学直前に著しく収入が減少し授業料の納入及び学生生活が困難になった者
8号 その他の事情により授業料の納入及び学生生活が困難である者
詳しくは、学生支援室(奨学金担当)にお問い合わせください。
電話:043-284-2381(直通)


国の奨学金制度

高等教育の修学支援新制度

■高等教育の修学支援新制度(授業料等の免除/減額および給付奨学金の支給)
住民税非課税世帯または準ずる世帯を対象に、授業料等の免除/減額および給付奨学金の支給を行う制度です。前後期の学期初めに募集します。
文部科学省特設サイト「高等教育の修学支援新制度」
日本学生支援機構ホームページ「奨学金の制度(給付型)」

■家計急変
家計が急変した場合、授業料減免および給付奨学金を行う制度です(随時申請可能)。
給付型奨学金(家計急変)
    

日本学生支援機構奨学金 (留学生以外)

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院に学ぶ人を対象とした、国が実施する貸与型の奨学金です。奨学金には利息のつかない第一種奨学金と、利息のつく第二種奨学金があります。第二種奨学金の利息は年3%を上限としています。在学中は無利息です。
また、これらとあわせて入学時の一時金として貸りられる入学時特別増額奨学金(利息付)もあります。
※貸与奨学金ですので、大学卒業後返還の義務があります。
詳しくは、日本学生支援機構(JASSO)のホームページをご覧ください。

●募集期間
毎年4月に募集します。

家計急変の事由により、「第一種緊急採用」「第二種緊急採用」の申請が可能です。
日本学生支援機構ホームページ「緊急採用・応急採用」

日本学生支援機構 私費外国人留学生等学習奨励費

日本政府が私費外国人留学生の学びを勧奨するために設けている、給付奨学金です。
本学で学習奨励費を受給できる学生には、学業・人物ともに優れ、経済的理由により修学が困難であり、かつ成績や出校率等に一定の基準があり、選考のうえ採用が決定されることになります。
●応募時期
毎年4月中旬に募集します。
●給付金額
平成29年度は月額48,000円が支給されました。

その他の奨学金

交通遺児育英会や各都道府県・市町村関係の奨学金・修学金など、大学宛に募集依頼のあった場合は、その都度掲示によりお知らせします。
なおこれらの奨学金を個人で受けている(予定を含む)者は、学生支援室まで申し出てください。
最近本学に案内をいただいている奨学金の一例
  • 公益財団法人 岡本国際奨学交流財団
  • 一般財団法人 小貫基金
  • 一般財団法人 共立国際交流財団
  • 公益財団法人 交通遺児育英会
  • 公益財団法人 佐藤陽国際奨学財団
  • 公益財団法人 朝鮮奨学会
  • 公益財団法人 常磐奨学会
  • 公益財団法人 平和中島財団
  • 一般財団法人 山田長満奨学会
  • 公益財団法人 ロータリー米山記念奨学会 等

国の教育ローン (日本政策金融公庫)

教育のために必要な資金を融資する公的な制度で、融資額は学生一人につき 300万円以内、返還期間は15年となっています。
詳しくは、教育ローンコールセンターにご確認ください。
日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター 電話 0570-008656(ナビダイヤル)
詳しくは、こちらをご参照ください。

提携教育ローン

提携教育ローン「敬愛大学学費サポートプラン」は、敬愛大学と(株)オリエントコーポレーション(オリコ)が提携した、本学学生・入学予定者専用のサービスです。インターネット経由だと審査が最短1日で済みます。
詳しくは、以下のリンクをクリックしてください。
在学生の方 入学予定者の方
経済学部
(経済学科、経営学科)
国際学部
(国際学科、こども教育学科)
経済学部
(経済学科、経営学科)
国際学部
(国際学科、こども教育学科)
申込コード(各学部共通) 5128
「敬愛大学学費サポートプラン」についてのお問合せは、こちらで承ります。
(株)オリエントコーポレーション 学費サポートデスク
電話:0120-517-325(受付時間)9時30分~17時30分

教育ローン利子補給制度

在学生および新入生のご父母(保証人)の教育費負担軽減の一助として、教育ローンの利子補給をする制度です。在学生の保証人に対し、銀行と証書貸付による「教育ローン契約」をしていただき、契約金額の利息のうち、上限を3%として相当額を支援するものです。
  • 当該年度の納付金を借り入れの限度額とします。(自己負担率3%未満の場合、自己負担分まで)
  • この制度を希望される方は、ローン契約前に予め学生支援室にご相談ください。
  • 教育ローン契約については、各金融機関にお問い合わせください。
詳しくは、学生支援室(奨学金担当)にお問い合わせください。
電話:043-284-2381(直通)