グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




バレーボール部


めざせ、インカレ ベスト8!

2011年3月に発足した敬愛大学バレーボール部は、2019年4月に名将・福田均志氏を第2代監督に迎えた、実力派の女子チームです。
技術をみがくのは勿論のこと、集中力を高めることで質の高い練習を実現し、大学バレーボール界では注目の的となっています。
当面の目標は「関東リーグ女子1部への昇格」。皆様の熱いご声援をお願いいたします。
部長 藤森孝幸(地域連携センター センター長)
監督 福田均志(公益財団法人日本スポーツ協会 公認バレーボールコーチ)
学生代表 井手はるか(主将)、江川陽菜(主務)
活動日 火~金曜日16:30~19:00
土・日曜日9:00~12:30
活動場所 敬愛アリーナ
部員数 25
所属団体 一般財団法人関東大学バレーボール連盟
(現在関東2部リーグ)

バレー部員の進路

佐々木 栞那(敬愛学園)ビオーレ・ナゴヤ入団

バレー部主将として「あたりまえにできること」の大切さを学びました。感染症によって練習や試合が出来なくなり、部員の士気の低下という壁に直面しました。マスクを着用しながらの練習では声が通らず、部員の表情さえも読み取ることができません。そのような時でも練習や試合が出来るようにと動いてくださった方々がいるということを知り、意識が変わりました。感謝の気持ち、全員で成し遂げる大切さ、喜びを身に染みて感じることができた4年間でした。現在は、日本初の保育士を中心としたチーム「ビオーレ名古屋」に所属し、沢山の方から注目される立場となりました。学んだことを活かし、感謝の気持ちを忘れず頑張ります。

小山 恭実(札幌大谷)札幌市小学校教員

部活と学業を両立させることを意識しながら生活を送りました。様々な人と出会い、自分の視野や価値観が広がり、成長を実感しました。また、自分の目標に向かってするべきことを考えて行動する力が身につきました。自分がどうしたいのか強い意志を持ち、日々の小さな努力を積み重ねることが、チームにとっても自身にとっても良い結果に繋がったと思います。現在は、北海道札幌市の小学校教諭として勤務しています。子供たちや周りの人から信頼される先生になれるように、子供たちと真剣に向き合い、日々の努力を重ねて行きたいと思います。そして、今までお世話になった方々に、胸を張って頑張っている姿をお見せできるようしていきたいです。