グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > トピックス  > 地元企業のビジネスマンと学生の合同講座

地元企業のビジネスマンと学生の合同講座

ディスカッションする社会人の方々と学生

本学では、多数のビジネス講座を開講しています。今年度より「産学連携アクティブラーニング講座」を新規開講しました。この講座は経営学科 彌島教授を中心とした講座で、主に地元企業のビジネスマンと在学生の合同で展開されています。
講義も交え、シミュレーション教材に取り組みながら情報活⽤スキルを磨く⼀⽅、異なる背景を持つ他の受講⽣とチームを組み、それぞれの良さを引き出し相乗効果を上げるためのチーム運営に取り組んでもらいます。結果や⾒た目の表現だけでなく、意思決定プロセスを⾒える化することで、新たな可能性を⾒出して頂く機会を増やしたプログラムになっています。

時間内に結論を導き出します

社会人の方々には、業務指示を効率的に「こなす」ことに終始しがちな日常を離れ、学生と一緒にディスカッションすることで、視野を広げることを目的としています。一方、学生は社会人の効率的な動きや現実的判断に刺激を受けてもらうと同時に、自分の能力に自信を持ってもらうきっかけづくりとなることを期待しています。

1回目(8/29)、2回目の教材は(9/5)は経営シミュレーションゲーム「教材コンビニモデル」を活用して行っています。限られた時間や情報でより良い成果を出すためには、情報活用や意思決定プロセスにおいてどのような点に留意すべきなのか、属性の異なるメンバーを活性化しアイデアを引き出すための工夫にどのようなものが考えられるのか、学生とビジネスマンの混成チームで挑む内容となっています。