グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > トピックス  > 神崎町と敬愛大学が教育活性化に関する連携協定を締結

神崎町と敬愛大学が教育活性化に関する連携協定を締結

左から石橋輝一町長(神崎町)、三幣利夫学長(敬愛大学)

 千葉県香取郡神崎町と敬愛大学は、教育分野での充実を推進するため、協定を締結することとなり、2017年12月14日(木)神崎町役場にて調印式が行われました。この協定は、神崎町と敬愛大学が教育分野で相互に協力し、地域社会の発展及び人材の育成に寄与することを目的としています。敬愛大学は主として小学校における英語教育の充実ならびに町民への生涯学習の機会提供に貢献します。
 神崎町 石橋輝一町長は「双方が有する教育資源を最大限に活用し、小学校における英語教育の充実や生涯学習を推進していきたい」、三幣利夫学長は「これを機会に、若者の教育、さらには”人生100年時代”と言われるなかで生涯教育を通じた幅広い年代の皆様のために、本学がもつ知見・資源を活かして貢献していきたい」と述べました。

 神崎町は平成32年度からの小学校5・6年生英語の教科化を、町独自に平成30年度から先行実施する予定としています。将来英語教育に携わりたいという意欲を持つ本学の学生が同町の小学校の英語授業に関わることで、双方の発展に寄与できることが期待されます。

報告:地域連携センター、編集・撮影:IR・広報室

調印式の様子

署名の様子