グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 教員紹介  > 国際学部  > こども教育学科  > 覺正 豊和 教授

覺正 豊和 教授

担当科目法学概論
人権論
刑法
比較犯罪学
専門ゼミナール ほか
専攻分野刑事法学
主要著作
  • 「刑罰の限界」(東京新有堂)1988年
  • 「現代社会における法の基礎」(八千代出版)1993年
  • 「犯罪学の新展開」(新有堂)2001年
  • 「刑事法学の現代的展開」共著(八千代出版)2005年
  • 「死刑再考論の今日的意義」(八千代出版)2007年
  • 「刑事政策論」斎藤・覚正共著(八千代出版)2007年
  • 「刑法(総論)への招待」斎藤・覚正共著(創成社)2007年
  • 「刑法(各論)への招待」斎藤・覚正共著(創成社)2007年
  • 「法学・憲法」斎藤・覚正共著(八千代出版)2007年
最終学歴駒澤大学大学院法学研究科
法学博士(論文)
主な現職佐倉市情報公開審査委員・ 個人情報保護委員(両審議会会長)
佐倉市国民健康保険協議会会長
銚子市個人情報制度審議会会長
千葉県介護保険審査委員
茨城県自治研修所講師
家庭裁判所調停委員
千葉大学法経学部講師
明治大学犯罪学研究所員
これまでの経歴アメリカ合衆国ウイチタ州立大学客員教授
東海大学文明研究所講師
明治大学法学部講師
所属学会日本刑法学会
日本法社会学会
日本犯罪社会学会、
日本被害者学会、アメリカ犯罪学会他
趣味ドライブ、旅行
学生へのメッセージ「人生の方程式=考え方×熱意×能力」だと思います。