グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 教員紹介  > 経済学部  > 経済学科  > 折原 裕 教授

折原 裕 教授

担当科目基礎演習Ⅰ・Ⅱ
専門導入演習Ⅰ・Ⅱ
専門演習Ⅰ・Ⅱ
卒業演習Ⅰ・Ⅱ
社会思想史Ⅰ・Ⅱ
経済学方法論Ⅰ・Ⅱ
専攻分野経済思想史
市場とモラルとの関連
主要著作
  • 「生産価格論の水脈―転形論争前史の研究―」(単著)、世界書院、1987年1月
  • 「現代ポリティカル・エコノミーの問題構制」(共著)、社会評論社、1991年4月
  • 「古典の読み方」「敬愛大学・研究論集」第79号、2011年1月
最終学歴武蔵大学大学院経済学研究科博士課程修了
経済学博士
主な現職
(本学部関係を除く)
これまでの主な経歴独立行政法人・放射線医学総合研究所・臨床医学研究倫理審査委員会・放射線治療部会委員(2000年1月より2004年3月まで)
所属学会経済理論学会
経済学史学会
趣味
学生へのメッセージ
  • 現代を指して、未曾有の困難な時代などとよく言いますが、過去にも、困難でない時代はなかったように思います。いつでも、人間が困難を作り出してしまうという面があるからです。それでも、人間は知恵を絞って何とかここまでやって来ました。現代よりいささか愚かに見える昔の人々にも、なかなかの知恵があったことになります。
  • てなことを考えてみたりしながら、経済思想の歴史を振り返っているおっちゃんが、折原裕です。