グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 総合地域研究所  > 各種事業  > 講演会・シンポジウム  > 第2回千葉県COC+合同シンポジウム開催案内

第2回千葉県COC+合同シンポジウム開催案内

地域創生とは、暮らしを充実させ、仕事を活発にすることです。老若男女みんなが元気でいてほしいものです。ところが、少子高齢化による不安が、社会から元気を奪っています。
 八王子で医療法人を経営する北原茂実氏は、医療保健の破綻と社会の衰退を回避するため、まず医療を「いかに良く生き、良く死ぬかをプロデユースする総合生活産業」と再定義し、病院と社会の関係改革、途上国の医療構築と両立した医療の輸出産業化、先端技術による医療と病院の革新を主張し、八王子、被災地・東松島市、カンボジアで実践しています。
 北原氏の理論と実践に学び、地域の現状と課題を話し合い、技術革新や新産業を生み出す明るく元気な地域創生への一歩を踏み出したいと思います。
敬愛大学は千葉大学COC+参加校です。


健康で元気なまちづくり 医療と社会の改革による地域創生


  日 時:2017年2月22日(水)  
  場 所:敬愛大学(千葉市稲毛区穴川1−5−21)
  参加費: 無料(予約不要・定員150名)
  会 場: シンポジウム会場(3号館3階 3301教室)
      懇親会場所(3号館7階) (希望者のみ会費制)

プログラム
    13:00~    受付開始
    13:30~13;40  開会挨拶
    13:40~15:10  基調講演「あなたの仕事は“誰を”幸せにするか」
       北原 茂美 医療法人社団KNI理事長
(休憩、10分間)
    15:20~16:50  パネルディスカッション
              「健康で元気な地域創生」
        北原 茂美 医療法人社団KNI理事長
                亀田 隆明 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
                伊藤 真美 花の谷クリニック院長/安房医療ネット世話人
                ほか
    16:50~17:00 閉会挨拶

    17:10~18:30 立食・懇談 (希望者のみ会費制)

講師紹介

講師:北原 茂実
  1953年生れ、東京大学医学博士、脳神経外科医。東京八王子と被災地・東松島でクリニックを経営し、「より良い医療をより安く」をモットーに「病気にならないまちづくり」を実践。医療法人は海外事業、収益事業を禁じられているため、NPOや株式会社を設立し、カンボジアの病院設立、日本から資器材輸出を実現。著書に『「病院」がトヨタを超える日-医療は日本を救う輸出産業になる』2011.講談社、『病院が東北を救う日』2011.講談社、『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?-社会をよくする唯一の方法は「ビジネス」である』2014.ダイヤモンド社がある。

COC+代表校・参加校・参加企業 他

【COC+代表校】千葉大学
【参加校】敬愛大学、千葉工業大学、千葉科学大学、聖徳大学短期大学部、木更津工業高等専門学校
【COC+協力校】放送大学、城西国際大学、日本大学生産工学部
【COC+参加自治体】千葉県、銚子市、館山市、木更津市、東金市、勝浦市、鴨川市、南房総市、山武市、
いすみ市、横芝光町、長柄町、御宿町

参加企業等 日本政策金融公庫、千葉銀行、京葉銀行、千葉興業銀行、サイボウズ、マイファーム、リソルホールディングス、マザアス、ベネッセi-キャリア、千葉日報社、千葉テレビ放送、成田空港活用協議会、横芝光町商工会、夷隅東部漁業協同組合、いすみ市観光協会、勝浦市商工会、ONE勝浦企業組合、NPO法人TINA、 NPOいすみライフスタイル研究所、合同会社SOZO、いすみ鉄道、Rプロジェクト、向後米殻、理想郷、アクセルコミュニケーション、自然と共生する里づくり連絡協議会、いすみ市商工会、港の朝市運営委員会、いすみ市耕作放棄地対策協議会、千葉県タクシー協会外房支部、リソル生命の森、横芝敬愛高等学校、千葉県立安房高等学校

問い合わせ先

敬愛大学 総合地域研究所(大学運営室 三浦)
TEL.043-251-6363 FAX.043-251-6407
MAIL:daigaku-unei@u-keiai.ac.jp