グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 研究・取り組み  > 研究助成・研究支援  > 競争的資金等の不正への取組に関する方針

競争的資金等の不正への取組に関する方針

 敬愛大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、公的研究費を適性に管理・運営し、不正使用を防止するため、以下の取り組みを行っています。

行動規範

 本学における競争的資金等の適正な使用を維持し、不正行為の防止のために教職員が 遵守すべき行動規範を「敬愛大学における競争的資金等による研究活動に係る行動規範」として定める。

機関内の責任体系の明確化

役割責任者権限
最高管理責任者学長大学全体を統括し、競争的研究資金等の運営・管理について最終責任を負う。
統括管理責任者大学事務局長最高管理責任者を補佐し、競争的研究資金等の運営・管理について、大学全体を統括し、実質的な責任と権限を持つ。
コンプライアンス
推進責任者
学部長①自己の管理監督又は指導する部局等における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。
②競争的資金等の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
③自己の管理監督又は指導する部局等において、構成員が、適切に競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて指導する

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

本学における公的研究費について適正な運営・管理を行うため、下記の規程を定めている。

1.「敬愛大学における公的研究費の運営・管理に関わる規程」

2.「敬愛大学における公的研究費の運営・管理に関わる通報及び告発に係わる窓口に関する規程」
          
3. 「敬愛大学における公的研究費の運営・管理に関わる調査委員会に関する規程」

4.「敬愛大学における研究活動上の不正行為防止及び対応に関する規程」

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

 本学において現状行われている公的研究費に係る業務内容から予見されるリスクと対応をとりまとめた「不正防止計画」を策定している。
 不正防止計画は、最高管理責任者が統括し、実現に向けて適切に進捗管理を行う。

研究費の適正な運営・管理活動

 不正な取引は研究機関の構成員と業者の関係が緊密な状況で発生しがちであることに鑑み、「公的研究費の執行に係る不正な取引に関与した業者への取引停止の処分指針」を定め、公的研究費に係る不正に関与した業者に対しては厳正な対処を行うことについて定めている。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。