グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 大学案内  > 大学概要  > 沿革

沿革

敬愛大学は、地域と日本社会の担い手となる人材の養成を目的として教育に取り組んでおり、
千葉県下をはじめ全国に有為な人材を送り出しています。


敬愛大学の歩み

1966年4月(昭和41年)千葉敬愛経済大学(経済学部経済学科)開学
1967年4月(昭和42年)経済学部に教職課程を設置
1988年4月(昭和63年)「敬愛大学」に校名変更
1997年4月(平成9年)国際学部国際協力学科を佐倉キャンパスに設置
2003年4月(平成15年)財団法人大学基準協会・正会員加盟
2006年4月(平成18年)国際学部に教職課程を設置
2007年4月(平成19年)国際学部国際協力学科を「国際学科」に名称変更
国際学科に「国際学専攻」と「地域こども教育専攻」の2専攻を設置
2008年12月(平成20年)稲毛キャンパスに新館(3号館)完成
2009年4月(平成21年)国際学部を稲毛キャンパスに移転
2011年4月(平成23年)国際学部国際学科地域こども教育専攻を「こども学科」に昇格
2013年4月(平成25年)経済学部経済学科現代マネジメント専攻を「経営学科」に昇格
2016年4月(平成28年)創立50周年
経済学科と経営学科のコース名称を変更
国際学科のコースを専攻に変更
2017年4月(平成29年)こども学科を「こども教育学科」に名称変更