グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 大学案内  > 敬愛大学 50周年記念事業

敬愛大学 50周年記念事業

敬愛大学 50周年記念事業 寄附金募集 趣意書

千葉敬愛学園理事長・敬愛大学学長 三幣利夫

 学校法人千葉敬愛学園は、1926年(大正15年)、創始者長戸路政司が千葉市内において関東中学校(現千葉敬愛高等学校)を創立したこと始まり、現在では大学・短大・高校・幼稚園を擁し、千葉県内では最も古い伝統校の一つに数えられ、創設以来90年に亘り、広く社会で活躍する多くの有為な人材を育成してきております。
 本学は、1966年(昭和41年)に千葉敬愛経済大学として設立され、経済学の単科大学として発足しました。1988年(昭和63年)に敬愛大学と名称を改め、1997年(平成9年)に国際学部を開設し、現在では2学部4学科の大学として、2016年(平成28年)に創立50周年の節目を迎えます。その間、建学の精神である「敬天愛人」の下、経済学部は「人間性と創造性豊かな経済人の育成」、国際学部は「国際感覚と人間愛に満ちたグローバル人材の育成」を教育目標と定め、1万3千名の卒業生を輩出してまいりました。
 社会が急速にグローバル化するとともに知識基盤社会に大きく転ずる中で、本学は、明確な育成人材像を示すことで、教職協働はもとより、教育責任と質の保証を果たすため、不断の教育改革に取り組んでおります。
 大学3号館建設に始まった稲毛キャンパス整備事業も、50周年を期に、より一層の教育環境の充実をはかり、スポーツ環境(人工芝化)の整備、緑化推進記念庭園の整備等々、事業の拡充に努めてまいります。併せて、文部科学省の奨める「地(知)の拠点」地方創生に関する事業採択大学としても、千葉大学とともに邁進してまいります。
 昨今の厳しい経済情勢のもとで、関係各位へのご寄付を仰ぐことは誠に恐縮でございますが、新たな50年に向けて本事業は、キャンパスライフを充実させ、学生の学修意欲の向上、そして地域貢献に大きく資するものと確信しております。学園一体となり事業の成功へ一層の努力をしてまいりますので、趣意をご賢察いただき、格別のご高配を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

発起人一同

敬天愛人

 建学の精神「敬天愛人」とは、天地宇宙はいわば我々人間の生みの親、従って、その天地宇宙を支配する道理を謙虚に追及し、それに随順して生き、人を憎まず、われひと共に成り立ち得る愛の道を実践していくことである。

お知らせ

2016/04/2550周年記念事業ホームページを公開しました。

コンテンツ