グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > Welcome ☆ keiai[敬愛大学メールマガジン]  > 学食について・国際学部のゼミの先生へインタビュー(2016/11/29更新)

学食について・国際学部のゼミの先生へインタビュー(2016/11/29更新)

┏〓〓┓ ┏〓〓┓ ┏〓〓┓ ┏〓〓┓┏〓〓┓
┃☆K ┃ ┃☆E ┃ ┃☆I ┃ ┃☆A ┃┃☆I ┃
┗〓〓┛ ┗〓〓┛ ┗〓〓┛ ┗〓〓┛┗〓〓┛

(人・ω・)ようこそキャンパスリポートへ!
 
こんにちは。Rimoです。今年もあと1か月となりました。今年中にやり残したことはありますか? 12月中に素敵な思い出が増えるといいですね。今回ご紹介する内容は以下の通りです。

[1] 学食について
[2] 国際学部のゼミの先生へインタビュー
 では、どうぞ。

(*・∀・)_________☆start★_________(・∀・*)
[1]
 しぇどです。今回は、学食についてご紹介します。
 敬愛大学には、あながわ亭、キッチン・コルディアリタの2つの食堂があり、学生や教職員が利用しています。

まず、私がよく利用しているあながわ亭についてです。私が初めてあながわ亭を利用したのは、オープンキャンパスに行った時のお昼ご飯です。オープンキャンパスでは、プログラムの中に「学食体験」があるので、その時に食べました。あながわ亭には、定食、丼物、カレー、うどん、ラーメンなどの豊富なメニューがあり、その中でもオススメなのがカレーです。かなりボリュームがあって、味噌汁もついてくるのでいっぱい食べたい人には嬉しいメニューです。あながわ亭は、期間限定のメニューや日替わりランチが、入り口の看板に書いてあるので、情報がわかりやすいです。日当たりがよくどれもリーズナブルな価格なので、皆さんも入学した際には是非、あながわ亭を利用してみてください。
 
次に、キッチン・コルディアリタについてですが、実は私、まだここで食べたことがありません。お洒落な料理が多くて美味しそうなのですが、人気なのでお昼時になるといつも満席なんです。なので、食べたことのある友人にどのようなメニューがあるのか、おススメは何かについて聞いてみました。メニューは、日替わりランチ、パスタ、カレー、丼物の4種類で、おススメメニューは丼物で、お肉がのっているものだそうです。キッチン・コルディアリタでは、メインのメニューにサラダとスープがセットでついてくるみたいです。メインのメニューだけのテイクアウトもやっているそうなので、混んでいても、食べられそうですね。価格も安いみたいなので、いつか食べてみたいと思います。
[しぇど]

[2]
Mikanです。今回は、私のゼミの先生、国際学部・こども学科の大塚先生ついてご紹介します。
大塚先生は、数学教育学を専攻されています。この4月に敬愛大学に来られた新しい先生です。趣味は、ソフトボールです。そんな大塚先生に、以下の3つについてインタビューをしました。

1.大学の先生になったきっかけ
2.大学の先生のやりがいについて
3.大塚先生にとって、大学の先生とは何か

まず、大学の先生になったきっかけについてです。大塚先生は、元々、高校の先生になりたかったのだそうですが、大学院に進学された後、数学教育のおもしろさを知って、研究者を目指されたのだそうです。

次に、大学の先生のやりがいについてです。大塚先生によると、大学の先生のやりがいは2つあるそうです。1つは、教育者として小学校、中学校の先生よりも、直接的に、学生の進路に関われることです。どういうことかというと、高校もしくは大学卒業後に就職する人もいれば、より勉学に励むために、進学する人もいます。大学生にもなれば、その先の進路は、今後の人生に関わる重要な選択です。その時期に、学生の相談を受けたり、アドバイスをしたりできるという点で、小中高の先生とは、また違う形で、学生たちの将来に向けての進路指導に深く関わるのではないか、ということです。

2つ目は、研究者として、日本の算数と数学の教育をよりよくしたい人たちと同じ立場で、仕事ができることだそうです。
最後に、大塚先生にとって、大学の先生とは何かです。一言でいうと、「教育と研究の2つに責任を持つ仕事」だそうです。これは、教育者として、学生を指導し、進路のアドバイスをする一方で、研究者として、自分の専門である数学教育についてより深く研究をする、この2つに責任を持つという考えだそうです。

今回、大塚先生に、先生になったきっかけや、やりがいなどについてインタビューを行いました。普段聞けないようなお話などを伺うことができ、とても有意義な機会となりました。また、キャンパスリポートを見ている方も、敬愛大学にはこのような先生がいらっしゃること知っていただけたなら嬉しいと思います。

大塚先生のプロフィールはこちら

[Mikan]

(*・∀・)_________☆end★_________(・∀・*)

いかがでしたか?次回はスポーツ大会と留学についてお届けします。お楽しみに!