グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > メディア掲載情報  > 【新聞掲載情報】「秋の七夕大作戦!稲毛海浜公園を『うみはまキャンドル』で埋め尽くそう」

【新聞掲載情報】「秋の七夕大作戦!稲毛海浜公園を『うみはまキャンドル』で埋め尽くそう」

 敬愛大学教育ボランティアサークル「Iris(アイリス)」が、11月12日(日)に開催した「秋の七夕大作戦!稲毛海浜公園を『うみはまキャンドル』で埋め尽くそう」にプロジェクトチームの一員として参加しました。
 この活動の様子が11月14日(火)付 千葉日報に掲載されました。

11月14日(火)付 千葉日報 9面
許可を得て掲載しております。

 敬愛大学の教育ボランティアサークル「Iris」は、地域活性化と児童の学力向上を目的として2016年6月に設立された新しいサークルです。地元・稲毛地区の子供たちを主な対象としたさまざまなイベントやワークショップなどを学生自ら企画し、地域住民や小学校と連携して運営しています。

 今回「Iris」は、美浜区の魅力創出・発信事業「MoTTOプロジェクト」(*)の一環として行われるイベント「秋の七夕大作戦!稲毛海浜公園を『うみはまキャンドル』で埋め尽くそう」にプロジェクトチームの一員として参加しました。
 同イベントは、地元の小学生が手作りした約2,400個の「うみはまキャンドル」を、来場者やボランティアスタッフなど全員で飾る、自由参加型イベント。17時からは、キャンドル型LEDライトを入れて「うみはまキャンドル」を灯しました。

(*)「MoTTOプロジェクト」
「区の魅力をもっと多くの人に知ってほしい!」「なじみのある地元にもっとにぎわいを作りたい!」「『地域活性化』『にぎわいづくり』の取組みに、なにか参加してみたい!」といった気持ちを持つ地域住民と、美浜区の若手職員が一緒になって立ち上げたプロジェクトチーム。

こども教育学科の紹介

こども教育学科では、教職経験のある教員による丁寧な指導で、毎年、小学校教員採用試験で高い実績をあげています。「国際感覚に優れた小学校教員の養成」を目標とし、英語力多文化への理解力を養う授業も充実しており、卒業生は千葉県内外の小学校で教員として多数活躍しています。

【2017年度小学校教員採用実績(現役)】
 正規採用者      20名
 期限付採用者      1名
 講師採用者      23名
 小学校教員採用率   88.0%
 (受験者50名)

こども教育学科の詳しい内容は、ホームページや大学案内で紹介しています。
大学案内をご希望の方は、こちらから資料請求をお願いいたします(5分程度で入力できます)。