グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > メディア掲載情報  > 【新聞掲載情報】【教員執筆著書】『男色を描く―西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉』

【新聞掲載情報】【教員執筆著書】『男色を描く―西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉』

本学教員の執筆した著書(共編著)が、図書新聞の書評欄にて紹介されました。

2017年11月11日(土)号 図書新聞 4面(許可を得て掲載しております)

2017年8月発売
『男色を描く―西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉』
出版社:勉誠出版 
著者(共編著):染谷智幸・畑中千晶(こども教育学科)

関連企画【若衆文化研究会】スタート
第一回開催
日時:11月11日(土)午後3時より5時まで
場所:浅草観光文化センター4F 中会議室
内容:
プレゼンテーション
「ワカシュケンのめざすもの」染谷智幸(茨城キリスト教大学)
「若衆研究と『男色を描く』について」畑中千晶(敬愛大学)
「若衆とコミカライズ」大竹直子(漫画家)
質疑応答・意見交換
詳細はこちら

こども教育学科の紹介

こども教育学科では、教職経験のある教員による丁寧な指導で、毎年、小学校教員採用試験で高い実績をあげています。「国際感覚に優れた小学校教員の養成」を目標とし、英語力多文化への理解力を養う授業も充実しており、卒業生は千葉県内外の小学校で教員として多数活躍しています。

【2017年度小学校教員採用実績(現役)】
 正規採用者      20名
 期限付採用者      1名
 講師採用者      23名
 小学校教員採用率   88.0%
 (受験者50名)

こども教育学科の詳しい内容は、ホームページや大学案内で紹介しています。
大学案内をご希望の方は、こちらから資料請求をお願いいたします(5分程度で入力できます)。