グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際学部  > 国際学部の特徴  > 使える英語が身につく

使える英語が身につく

仕事の現場で使える真の英語力が身につく

「聞く・読む・話す・書く」の英語4技能を伸ばし、バランスのとれた総合的な英語力を身につけます。英語に触れる機会を増やし、発表やディスカッションなどの活動を通じて、情報を整理し自分の考えを相手に的確に伝えるコミュニケーション能力を身につけます。


英語力を伸ばす教育プログラムと学習環境

国際学部では、国際共通語である英語の運用力向上に力を入れています。特に「聞く・読む・話す・書く」の英語4技能をバランスよく伸ばすことを主眼とし、そのための教育プログラムと学習環境を用意しています。1年次の必修科目である「College English」では、4技能の基礎力を総合的に高めます。2年次以降では、英語科目に加えて学科の専門科目でも英語教材を使い運用能力をさらに高めます。

英語4技能をバランスよく伸ばす

「College English」

習熟度別のクラス編成により、レベルに合わせた学習を行います。英語4技能の実力養成を念頭に置き、基本文法の解説と多くの練習問題を通して基礎力の定着を目指します。TOEICに準拠したListening PracticeやReading Practiceも合わせて導入し、基本文法を基盤にした英語のコミュニケーション能力を養います。英語教育に実績のある教員が「英語が好き」「英語を使ったコミュニケーションを磨きたい」といった学生の気持ちに応える親身な指導を行います。

技能別の科目

「聞く・読む・話す・書く」の各技能に特化した科目を用意しています。1年次に基礎固めを行い、2年次以降により発展的な内容に進みます。

「Listening」
日常生活に関連した身近なテーマについて話されている英語を聞き、情報や考えをインプットする能力を身に付けます。聞き取った情報を英語で他者に説明したり、自分の意見や考えを話したり書いたりすることのできる総合的な英語力も高めます。

「Speaking」
世界や地域の様々な話題を扱いながら語彙力を高め、話す能力を磨きます。授業はすべて英語で行われ、グループ・ディスカッションやプレゼンテーションなどを行います。教員のフィードバックや学生相互の評価を受けながら、失敗を恐れず英語を話す姿勢を養います。

「Writing」
日常生活に関連した身近な話題をテーマとした題材を活用して、語彙力、文法力、ライティング力を向上させます。e-mailでの英文の書き方など、様々な日常の場面での英文を使ったコミュニケーションも学びます。

「英文講読」(国際学科)

英語を読んで理解するだけでなく、読んだことに基づいて話したり書いたりする総合力を高めることを目的とします。
また、現代のアメリカ事情を扱ったテキストを使用し、英語学習を通してアメリカについて知ることなども狙いとします。

「英米児童文学」(こども教育学科)
イギリスの児童文学の成立や背景を学び、代表的な作品を英語で読みます。様々なジャンルの作品に触れながら、イギリス児童文学の魅力を探り、楽しみ方や読む力を身につけます。 

自主的な学習を助ける充実した環境

授業時間外でも毎日英語に触れる環境を用意しています。これらの環境を利用して、短期間の集中的な英語力アップが目指せます。

語学研修・留学

英語力を飛躍的に高めたい学生には、語学研修や留学を推奨しています。語学研修は、夏休みや春休みの長期休暇中に約1ヶ月にわたり海外の大学などで学び、短期集中で英語力のアップが図れます。留学には半年間の「短期留学」と1年間の「長期留学」があります。留学期間は本学の在学期間に含まれるので、4 年間で卒業することが可能です。提携大学に留学する学生は本学の授業料が免除され、留学先の学費のみの負担となります。語学研修と留学に関する情報は、こちらをご覧ください

スカイプ英会話

海外の英語講師とのスカイプ(インターネット電話)を使ったマン・ツー・マンの英会話レッスンが受けられ、話す能力を集中的に高めることができます。パソコンの画面に写る外国人講師の表情を見ながらのレッスンなので安心です。1回25分のレッスン60回を修了すると本学の単位としても認定され、2単位(全120回)まで無料で受講できます。

e-ラーニング

大学や自宅のパソコンで英語が学習できる「e-ラーニング」を導入しており、TOEICの「聞く・読む」の対策が可能です。語彙ドリルとリスニングはスマートフォンからもアクセスが可能なので、通学時間などでも利用できます。TOEICスコア「500点突破」「600点突破」「730点突破」の3コースをステップアップできます。「模試(6回分)」もついており、TOEICテスト本番前に実力の確認もできます。