グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際学部  > 教育方針  > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシーとは、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づいて、どのような入学者を受け入れるかを示しものです。また、入学前の学習や課外活動等において、どのような成果を求めるかを示したものです。


国際学部のアドミッション・ポリシー

国際学部は「敬天愛人」の精神に基づき、国境にとらわれずライフプランを創生し、実現できる人材の育成に努めています。従って、高校時代に文系・理系にこだわらない科目履修をし、幅広い分野に関心を有している人物や、スポーツ、文化活動、ボランティア活動を行った経験を有する人物を募集します。本学部において必ず身につけてほしい能力は、以下の3つです。

1. 自分の将来イメージを創造的かつ論理的に思考できる能力
2. 自分を鍛え続けられる耐力
3. 仲間と知識や経験知を相互に高めることができるコミュニケーション能力

国際学科のアドミッション・ポリシー

国際学科では、建学の精神「敬天愛人」をよく理解し、異なる文化や価値観を理解・尊重し、言語・文化の知識とコミュニケーション能力を高め、それを活用して社会貢献ができる人材の育成に重点を置いています。そのため、入学者としては言語能力、洞察力、行動力の向上を目指す人が望まれます。高校時代に、言語系科目、社会科系科目を幅広く履修していることが望ましいです。

こども教育学科のアドミッション・ポリシー

1.基礎的な学力があり、世界と日本の動向に興味がある人材を望む。
2.敬天愛人の理念を理解し、明るく子供好きで、コミュニケーション力のある人材を求めている。
3.子供の成長と教育にかかわるなかで、自らもその過程で学び続け、自らの成長も期することのできる人材を望む。