グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 国際学部だより  > 【こども教育学科】新任教員のご紹介

【こども教育学科】新任教員のご紹介

市川教授(前列右から2人目)の歓迎会を開催しました

今年度からこども教育学科の教員に市川洋子教授が加わりました。市川教授は、「教育原論」や「教育課程論」、「こどもと地域の教育論」などを担当されています。新しい教員が増え、こども教育学科として今後ますます活性化していきたいと思います。
(大塚)

こども学科は2017年4月より、「こども教育学科」に名称変更しました

こども学科は2017年4月1日より、小学校教員養成の学科であることをいっそう明確にするために、「こども教育学科」に名称変更いたしました。
教員を養成する学科が、なぜ国際学部の中にあるのでしょうか?
国際化が進み、外国人の親を持つ児童や生徒は珍しくなくなりました。また、小学校では2020年度までに、英語の「小学3年生からの必修化」と「小学5年生からの教科化」が実施されます。これからの教員には、国際的な視野異文化に対する理解がいっそう求められます。こども教育学科では、英語に強く国際感覚に優れた小学校教員を養成していきます。