グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 経済学部  > 経済学部6つの特徴  > 【特徴6】 実践的な情報処理教育

【特徴6】 実践的な情報処理教育

現代のビジネスパーソンにはコンピュータを駆使する能力が求められています。本学部ではビジネスソフトの操作方法 などを身につける「情報基礎」(1年次・2単位)を全員必修にしています。さらに、Microsoft(R) Office Specialistの資格取得を意識した科目から、データ解析、プログラミング等の応用的なものまで、多数の実習科目を設置しております。また、学生が利用できるパソコンを約330台設置しているほか、全学生にメールアドレスを配布するなど、情報活用能力の強化に努めています。


主な実習科目

情報システムの仕組みの基礎を学ぶソフトの操作方法を身につけるシステム開発・プログラミング
の技法を習得する
  • 情報基礎
  • 情報システム論
  • 情報セキュリティ論
  • プレゼンテーション論
  • データベースオペレーション
  • プログラミング入門
  • VBプログラミング
  • アルゴリズム論
  • データベース論