グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 経済学部  > 経済学部6つの特徴  > 【特徴1】 全員必修の初年次教育

【特徴1】 全員必修の初年次教育

経済学部のカリキュラムでは、1年生においては、就職活動や社会人としての生活を視野に入れ、大学での学びの基礎を固めることを目標としています。この目標の実現のために、従来からの1年生対象のゼミナール(基礎演習、2単位)に加えて、2009年度以降の入学者を対象に「初年次教育科目」を開講し、16単位を必修にしております。


初年次教育科目

基礎演習I・II大学での学び方を身につけ、修学意欲の向上を図るための少人数授業です。
大学生としての自覚を持つこと,仲間づくりをすることも目的としています。
必修
文章表現わかりやすい日本語の論述力を鍛えます。必修
口頭表現口頭での発表やグループでの議論の能力の育成を図ります。必修
基礎数学経済学部での学習や就職試験に必要な数的処理能力を磨きます。必修
入門経済学2年次以降での「経済学科」での学びのガイダンスとなる授業です。必修
入門経営学2年次以降での「経営学科」での学びのガイダンスをなる授業です。必修
キャリアプランニング就職を視野に大学生活の4年間をどのように過ごすかヒントを示します。必修
健康運動科学健康な生活を送るための知識を身につけます。必修
情報基礎大学の授業で必須となるパソコンの操作技術を学びます。必修
敬天愛人講座本学の建学の理念「敬天愛人」を実生活に活かす方法を考えます。選択