グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 経済学部  > 教育方針  > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシーとは、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づいて、どのような入学者を受け入れるかを示しものです。また、入学前の学習や課外活動等において、どのような成果を求めるかを示したものです。


経済学部のアドミッション・ポリシー

経済学部では、大学教育を受けるための基礎的な学力を有し、以下のような資質を有する学生を日本社会および国際社会に対し幅広く求めます。本学で経済学や経営学をはじめとする諸学問を探求し、実学を修得し、コミュニケーション能力を高め、将来の日本社会および国際社会に資する人材として、実践力を身につけることを望みます。
1 .建学の精神「敬天愛人」の下、人格を磨き、他者を思いやる心・慈しむ心を育み、敬愛人として社会に役立つ人材となるために努力し続ける意欲がある者。
2 .経済や経営に強い関心があり、経済や経営に関する幅広い知識・洞察力を修得したいという意欲がある者。
3 .経済社会、国際社会、情報化社会、高齢化社会に対応するための能力を向上させる意欲と、多岐にわたる資格にチャレンジする意欲がある者。
4 .スポーツ活動や文化活動を通じて、心身を鍛え、何事にも前向きにチャレンジしていく精神を持つ者。また、そのような人物になりたいとの意欲がある者。
5 .将来の日本社会を担う人材を育成するために、自身が不断の努力により研鑽を積みながら、教育者、指導者、社会でのリーダーを志す者。