グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 経済学部だより  > 地方自治論実習・成果報告会の模様

地方自治論実習・成果報告会の模様

実習生による報告の様子(1)

 ご報告が遅くなりましたが、今年8月から9月にかけて実施した「地方自治論実習」(地方自治体での政策形成(提言作成)インターンシップ)の成果報告会を、10月18日(日)に行いました。今年は「敬愛フェスティバル」(大学祭)開催に合わせ、経済学科の企画の1つとして一般にも公開しました。来年以降に実習に行きたいと思っている1・2年生、昨年実習を経験した4年生のほか、日曜日の開催となったため、報告者の保護者や近隣の方にも参加していただくことができました。また、学内から中山副学長、藤井経済学部長、小山経済学科長、森島教務委員長、地方自治論の講義担当の岡﨑先生にご出席いただき、報告を見守り、講評もいただきました。
 報告会では、今年実習を行った5人の学生に、1人ずつ順に(1)政策提言のタイトルと概要、(2)政策提言の評価・反響、(3)実習中の様子(生活パターンなど)、(4)実習中に失敗したこと、(5)実習を通して学んだこと、(6)後輩へのメッセージについて、事前に用意したレジュメ(報告メモ)を元に報告してもらいました。後半には、昨年実習に行った現4年生にも感想を話してもらったりして、充実した成果報告会となりました。
 今年の実習生の政策研究テーマは以下のとおりでした。

戸田市政策研究所で実習

  • 川名君「戸田市の子ども外遊びの促進~みんなで楽しく体力向上~」
  • 時田君「戸田市全体で洪水対策~ハザードマップの効果的活用に向けて~」
  • 渡辺君「今から知ろう生活習慣病対策~食から始まる生活改善~」

かすかべ未来研究所で実習

  • 田淵君「高齢者にとって住みよいまちづくり~高齢者の交通事故減少策について~」
  • 日暮君「子育て世代増加政策~住みやすく市民から愛される市へ~」

実習生による報告の様子(2)

 1ヶ月をかけて考え抜いた提言の内容もさることながら、後輩の学生にとっては、実習中の様子(起床時間、通勤時の苦労、緊張の度合い、市職員の皆さんとの接し方など)や失敗談の方が興味深かったようです。実習生によると、実習中は、
・実習先まで遠いので、毎朝5時起きは慣れるまで苦労した。しかし、期間も長かったので後半は特に苦も感じずに通勤することができた
・普段よりも2時間早く起床し、ニュースや新聞などをよく見るようにした

ということでした。また、実習先の職場の様子について、
・比較的若い方が多く、リラックスした雰囲気で作業することができた
・実習前は非常に硬いイメージがあったが、実際は逆で、非常に優しく親切で、困ったときには何でも教えてくださった

という声が聞かれました。また、5人の実習生からほぼ共通して、
・考えた内容を文章にする(報告書にまとめる)ことが難しかった
・ワード(Microsoft Word)の知識が足りなかったため、いろいろなことで(指導担当の職員の方に)迷惑をかけてしまった

といった感想や反省が聞かれました。
レポート作成や基礎的な情報処理の知識・技術は、1年次の基礎演習や文章表現、情報基礎といった科目で学びます。先輩のこのような苦い経験を繰り返さないよう、後輩諸君はこれらの授業でしっかりと基礎的なスキルを身につけて、いつでも使えるようにしておいて欲しいと思います。

実習を通して学んだこと、感想

  • 報告書作成において、平和事業への参加や市役所での事務作業などを体験させていただき、とても貴重で、充実した期間になった
  • 最終日に市長に提言書を報告して、ちゃんと評価してもらえたことは、とても自信につながった
  • より一層自治体職員になりたい気持ちが大きくなった
  • 現場の皆さんがさまざまなことで協力し合って働いているという印象を強く持った
  • 市役所は市民の考え、要望を受けそれに対して施策、政策を考える受け身のイメージが強かったが、実習を通して、自分たちのまちを活性化させるために日々考察している姿を見て、イメージが変わった

実習生による報告の様子(3)

実習生による報告の様子(4)

 地方自治論実習は、一般のインターンシップと違って期間が長く(約1ヶ月、ただし出勤は週3日程度)、実習先も遠いため、かなり大変なプログラムです。ですが、自治体職員を目指す強い気持ちで取り組み、乗り越えることができれば大きく成長できるということを、今年の実習生も示してくれました。来年の職員採用試験に向けて、一段と勉強に身が入ることでしょう。がんばってください。
 最後になりますが、実習生を受け入れてくださった戸田市、春日部市の関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
 なお、昨年戸田市で実習を行った池田さんが、9月から11月にかけて行われた戸田市職員採用試験に合格し、来年4月から戸田市職員としてのキャリアをスタートさせることになりました。おめでとうございます。
(文と写真:経済学部 金子)

実習生による報告の様子(5)

報告に聞き入る会場の皆さん