敬愛大学 大学案内2019
37/52

大学時代の恩師をお手本に子どもたちに全力投球小学校の時のバレーボール部の恩師であり高校の部活動の顧問だった先生に、夢や希望の大切さ、あきらめない姿勢などを学んだことが教員を目指すきっかけになりました。恩師のすすめもあり、教員採用実績の高い敬愛大学に進学しました。大学に入って実感したのが、少人数教育の良さです。質問も気軽にでき、勉強にも集中できましたし、クラスやゼミの仲間意識も高く一丸となってカリキュラムに取り組めました。小学校に通い授業のサポートなどを行う「ちば!教職たまごプロジェクト」での実践経験も貴重な体験でした。また、大学に理想の教師像があったことも、目標へのモチベーションとなりました。特に、ゼミの山口先生の指導や学生へのケア、授業の進め方はとても丁寧で、お手本そのものです。今も質問や悩みを聞いてもらうため、大学を訪ねています。現在、初任者として公立小学校で4年生を担当しています。子どもたちからの「できた」や「楽しい」の言葉を励みに、これからも全力で子どもたちと向き合っていきます。ゼミで空港業務を研究し憧れの空の仕事に在学中から空港の仕事に注目。目指すはロードマスターです。 将来は、空港ビジネスに携わりたいと考え、国際学科を選びました。ゼミでは空港業務の研究を行いましたが、志望職種を絞ったのは3年生の後期でした。学内で開催されたANA成田エアポートサービスの会社説明会に参加し、航空機の運航を地上で支えるグランド・ハンドリングに憧れを抱きました。就職活動では、キャリアセンターで模擬面接をマンツーマンで指導いただき、自信を持って選考に臨むことができました。現在、安全を第一に、慎重な作業が求められる航空機誘導の「マーシャリング」業務の猛特訓を受けています。社内審査を通過したら、いよいよ航空機の駐機場への誘導を担うことになります。この他にも、滑走路内の車両運転や貨物の搬出入機の運転など取得できる資格が数多くあります。3年間は働きながら資格を取得して、機側責任者(ロードマスター)を目指したいと考えています。国際学部国際学科 2017年3月卒業本郷 俊平 さん国際学部こども教育学科 2017年3月卒業庄本 夏菜 さんANA成田エアポートサービス株式会社袖ケ浦市立公立小学校Keiai University35

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る