敬愛大学 大学案内2019
30/52

基本科目群特にビジネス英会話力の向上を目指します。(TOEIC®600点以上)[主な科目]TOEIC®向上講座ビジネス英語スカイプ英会話文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」は、大学が地方公共団体や企業などと協働し、地方における魅力ある就職先の創出、その地域が求める人材育成のために教育カリキュラムの改革を実施する大学の取り組みを支援する事業です。敬愛大学の「エアポートNARITA地域産業学」は、千葉大学との連携により平成27年度に採択されました。文部科学省 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」採択プログラム経済学部、国際学部国際学科対象日本最大の空の玄関口である成田国際空港は、様々な職種の仕事によって成り立っています。副専攻プログラム「エアポートNARITA地域産業学」は2016年4月から開講している新しい学びの形です。学科の学びに加えて、空港ビジネスや観光に関連する科目を体系的に学ぶことで、空港関連企業への就職が近づきます。エアポートNARITA 地域産業学「エアポートNARITA地域産業学」開講科目科目紹介「エアポートNARITA地域産業学」では「基本」「空港ビジネス」「地域産業」「実践」の4つの分野を学び、空港ビジネスに関する専門的な知識と能力を培います(1~4年次)。副専攻「エアポートNARITA地域産業学」では、大手航空会社で活躍していた講師や空港関連企業の現役社員による実践的な講義が受けられます。ここでは「空港ビジネス」科目群の2つの科目を紹介します。計24単位修得空港ビジネス空港関連企業で働くために必要な基礎知識を学びます。ANA成田エアポートサービス株式会社や各航空会社の協力により、現役客室乗務員(CA)や実務家講師による講義も加わります。ホスピタリティホスピタリティとは、相手を思いやる心から生まれるおもてなしのこと。中西絵美先生(元大手航空会社CA・チーフパーサー)が講師となり「日本のマナーに現れる心」などをテーマに学びます。空港ビジネス科目群空港、航空関連会社、物流、サービスなどのビジネス全般を学びます。学科の専門分野以外に、もう1つの専攻を学ぶことができる制度です。24単位を修得すると、修了証が与えられます。[副専攻とは]地域産業科目群成田国際空港を地域産業と捉え、空港と企業・産業との関わりについて学びます。実践科目群学んだ知識を活用するために必要な実践的能力を修得します。[主な科目]キャリア基礎開発インターンシップ海外スクーリング[主な科目]空港ビジネスホスピタリティエアライン論[主な科目]観光事業論旅行ビジネス論地域観光論28

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る