敬愛大学 大学案内2018
22/44

Keiai University 201822エアポートNARITA地域産業学サティフィケート・プログラム計24単位修得基礎 科目群空港ビジネス 科目群地域産業 科目群経済学部、国際学部国際学科対象実践 科目群特にビジネス英会話力の向上を目指す。(TOEIC®600点以上)空港、航空関連会社、物流、サービスなどのビジネス全般を知る。成田国際空港を地域産業と捉え、空港と企業・産業との関わりについて学ぶ。学んだ知識を活用するために必要な能力を習得する。TOEIC®向上講座、ビジネス英語、スカイプ英会話、入門ツーリズム、世界を知る観光事業論、旅行ビジネス論、地域観光論、千葉学、地方財政論、地域産業論、中小企業論、ベンチャービジネス論、経営立地論 文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」は、大学が地方公共団体や企業などと協働し、地方における魅力ある就職先の創出、その地域が求める人材育成のために教育カリキュラムの改革を実施する大学の取り組みを支援する事業です。敬愛大学の「エアポートNARITA地域産業学」は、千葉大学との連携により平成27年度に採択されました。 日本最大の空の玄関口である成田国際空港は、様々な職種の仕事によって成り立っています。副専攻プログラム「エアポートNARITA地域産業学」は2016年4月に開講された新しい学びの形です。学科の学びに加えて、空港 ビジネスや観光に関連する科目を体系的に学ぶことで、空港関連企業への就職が近づきます。 「エアポートNARITA地域産業学」では、「基礎」「空港ビジネス」「地域産業」「実践」の4つの分野を学び、空港ビジネスに関する専門的な知識と能力を養います。(1〜4年次)[副専攻とは] 学科の専門分野以外に、もう1つの専攻を学ぶことができる制度です。24単位を修得すると、修了証が与えられます。空港ビジネス、ホスピタリティ、エアライン論、航空物流論、流通経営論、マーケティング論、国際金融論、国際貿易論、簿記論、簿記会計基礎、キャリア基礎開発Ⅰ〜ビジネスシミュレーション〜、キャリア基礎開発Ⅱ〜Problem Based Learning〜(課題解決型授業)、インターンシップ、敬愛プログラム、海外スクーリング文部科学省 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」採択プログラム「エアポートNARITA地域産業学」開講科目

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る