敬愛大学 大学案内2018
17/44

Keiai University 201817専門性を高める多彩なゼミ社会で役立つ英語力が身につく新しい英語教育プログラム授業時間外でも英語が学べる「Skype英会話」「TOEIC® e-ラーニング」体験を通してプロトコール(国際儀礼)を学ぶ[庄司ゼミ]魅力ある授業づくりのための理論と実践[山口ゼミ] 実践的なコミュニケーション能力を高めるための英語教育プログラムを用意しています。英語運用能力のクラス分けにより、ひとりひとりに合った授業環境が与えられ「英語の理解力や表現力を磨く」「TOEIC®スコアを伸ばす」など、目的に応じた学習ができます。1年次は、週2回 の技能統合型の必修科目「College English」と、英語4技能(聞く、読む、話す、書く)の強化を中心とした科目を合わせた最大週6回の集中的な英語科目の履修によって、短期間での英語力向上を目指します。ネイティブ・スピーカーの外国人教員と日本人教員が連携し、指導にあたります。 授業以外にも英語力を向上させるために必要な環境を完備しています。会話力を伸ばしたい学生には、海外在住講師からの個人レッスンが受けられるSkype専用ブースがあります。「Skype英会話」は1回25分のレッスンの積み重ねで単位も認定され、多くの学生が積極的にレッスンに取り組んでいます。また、英語の自主学習に利用できる教材も豊富に揃えており、指導スタッフが常駐しています。さらに、TOEIC®対策には、自宅や大学のパソコン、 スマートフォンを使って学習ができる「TOEIC®e-ラーニング講座」を導入しています。 海外からのお客様をお迎えする時に必要となる国際的な基本礼儀「プロトコール(国際儀礼)」を知ることをテーマとしています。 茶道実習、会席料理や西洋料理のテーブル・マナーをはじめ、赤坂迎賓館、江戸情緒の残る両国散策、日本庭園の訪問などを通じて、国際人として必要な教養を身につけます。 魅力ある国語科の授業づくりに取り組むことをテーマとしています。昨年は卒業研究として、4年生が近隣の小学校に赴き、百人一首の鑑賞や音読、ゲーム指導を行いました。学習指導要領の解釈や新しい授業方法の検討、ゼミ生による実践場面演習などを通して、魅力ある授業をする力を身につけていきます。2017年4月スタート国際学科こども教育学科

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る