グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > 就職・キャリア支援  > チバイチバン  > 内定者インタビュー  > 株式会社ディップ〈サービス〉

株式会社ディップ〈サービス〉

【業界】サービス  【業種】総合職

自己分析から見えた、自分の「職業観」

※同社ホームページより引用

3年生の1月頃は進路選択に悩んでいた時期でした。
教職をとっていたので、教員になるか一般企業に就職するかをまだ決めきれず迷っていました。
自己分析をしていく中で、人と接することが好きという事と、教師として人を育てるように人の人生に寄り添える仕事に就きたい、との思いに気づき、就職活動を始めました。

同時進行で、業界・企業研究を始め、いろいろ調べた中で「人材業界」が目に留まりました。
「人を育てる、サポートする」という点が教員の本質と似ていたため人材業界に興味を持ちました。
人材業界のサービスには主に「人材派遣」「人材紹介」「求人メディア」の3つがあります。
私は、「求人メディア(求人広告)」に興味を持ち、主婦や学生など様々な方と関われる機会があることや、その方々をサポートできるところに魅力を感じました。

自分の軸を持っていると強い!

選考方法は、面談と面接を交互に行い、
・今までの自分
・これからの自分
・なぜその会社を選んだのか

を、詳しく聞かれました。面接が終わった後は面接のフィードバック・自己分析をしました。

選考の対策は自己分析と企業研究。
また、自分の軸をしっかり持っていたほうがいいです。
第一希望の企業が不合格になり落ち込んでいた時、自分の軸を見直すことで気持ちを切り替えて
次に挑戦することが出来ました。最終的に自分に合った仕事に出会うことができたと思っています。

就職活動は今後の人生を決める だから何事も挑戦したほうがいい

もう一度、就職活動をするとしたら、インターンシップにもっと参加します。
様々な業界で就業体験をして視野を広げていきます。そしてインターンシップを通してたくさんの人に出会い、興味のなかった業界にも挑戦してみたい。
後輩のみなさんには、自分の可能性を広げるために是非インターンシップに行くことをお薦めします。

また、学生のうちにできる事を是非やってください。
私は、「日本全国を制覇!」と掲げて国内の有名な観光地を旅行しました。
北海道から石川県や広島まで。夏は地方の花火大会を見に行き、スケールの大きさに感動しました。
これらの経験・知識も、社会人の方との何気ない会話の中で話題作りに役立っています。
就職活動が終わったので、次はどこに行こうか計画中です(笑)
最後に、就職活動で気を付けることは1人で抱え込まない事。
悩み事は話したほうがいいです。私は、友人とごはんに出かけたり、一緒に就職活動を頑張っている友人と企業の話をして意見を聞いたり、お互い悩みを聞き合ったりしてリフレッシュしていました。

就職は今後の人生を決めるので、そのために学生の間は何事にも挑戦したほうがいいと思います。やらない後悔よりもやることが大事です。頑張ってください。

(インタビュアー 国際学部国際学科2年 前田 恭吾)