グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > キャンパスライフ  > 各種手続き・証明書発行  > 休学・復学・退学手続きについて

休学・復学・退学手続きについて

学生の身分上の異動については、所定の手続きによって次のように取り扱われます。


このページの目次


休学

病気およびその他の事由により引き続き3カ月以上修学することができない者は、学長の許可を得てその学年の終わりまで休学することができる。
ただし特別な事情がある場合は、引き続き1年に限り休学を許可することができる。
休学の期間は通算して4年を超えることができない。
また休学の期間は在学年数に算入しない。

復学

休学期間中にその理由が消滅したときは、教授会の議を経て学長が復学を許可することができる。
休学期間が満了しても復学の手続きをしない者は、除籍になることもあり得るので注意すること。

退学・転学

退学または他の大学への転学を希望する者は、学長の許可を受けなければなりません。

除籍

次に該当する者は、教授会の議を経て学長が除籍します。
・在学年数を超えた者
・休学期間を超えてなお修学できない者
・学費の納付を怠り催促してもなお納付しない者
・長期間にわたり行方不明の者