グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリ画像
ホーム  > キャンパスライフ  > 外国人留学生の受け入れ  > 入管法による在留資格(ビザ)等の手続きについて

入管法による在留資格(ビザ)等の手続きについて

本学で学ぶ外国人学生については、出入国管理及び難民認定法(入管法)の規程に基づき入国管理局関係の手続きが必要です。


在留資格(ビザ)の更新・変更について

  • 在留期間更新許可申請(ビザ更新)および在留資格変更許可申請(ビザ変更)は、在留期限の3ヶ月前から申請することができるようになりました。

  • 必要な書類は学生支援室でお渡しします。学生支援室で点検を受けてから、住所地を所管する入国管理局で申請してください。

わからないことがありましたら、学生支援室に相談してください。

資格外活動許可について

  • 資格外活動許可を受けるには、通常はビザの申請と同時に申請してください。

  • 資格外活動許可を受けたら、速やかに在留カードを学生支援室に持参してください。学生支援室では、パスポートや在留カード、国民健康保険証のコピーと一緒に保管します。

  • アルバイト先が決まったときや変更になったときは、速やかに学生支援室に報告しなければなりません。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。